Factomとはどのような仮想通貨か?




Fcatomという仮想通貨は聞いたことがありますか?Factomは、2015年4月に公開された仮想通貨で、通貨単位は「FCT」です。

仮想通貨への投資や活用が日本以上に活発なアメリカで高い人気のある通貨です。時価総額も上昇しつつあり、上位を狙える通貨のひとつと言われています。

Factomは、書類をブロックチェーン上に保管するために開発された仮想通貨のことですが、その特徴を詳しく説明していきます!

Factomのポイント
  • 分散型システム
  • 不動産管理にも応用できる
  • 医療分野にも進出

ブロックチェーンと同様の分散型システム

Factomは、元来、登記簿や保険証書などの文書保存を目的として開発されたものです。

ビットコインなどの仮想通貨は、ブロックチェーン技術を使って、取引の履歴や記録を改ざんすることができないという安全性の高さがメリットです。

ブロックチェーン技術は、ブロック単位にまとめられた仮想通貨の取引記録を、マイナーと呼ばれる人たちが承認し、承認されたブロックがチェーン状につながっている技術です。特定の人が管理をする中央集権型ではなく、マイニング参加者が分散して管理する非中央集権型の仕組みといえます。

Factomは、このブロックチェーンの技術を応用して、データを世界のコンピューターに分散させて管理するという発想から生まれています。特定のサーバーではなく世界にある個人のコンピューターにデータを分散させて管理するプラットフォームがFactomの本質なのです。

Factomで不動産管理!?

アメリカでは仮想通貨を使った様々な試みが実施されています。Factomは文書管理システムの構築が目的で、それには不動産管理も含まれます。

住宅にかかわる書類は膨大なものになります。登記簿や不動産関連の契約書など、住宅ローンを組んで、それを返済するまでに書類を保管して管理しなければなりません。

長年書類を管理するのは、手間やコストがかかりますし、途中で紛失するリスクもありますよね。

なので、そのデータをFactomのブロックチェーン上に保管するというシステムを使って、そのコストを削減しつつ、安全性を保つという試みが実施されているのです。

医療分野に進出

Factomを患者の電子カルテの管理に応用するというプロジェクトも進行しています。

「DLOC」という名称のプロジェクトで、病院にやってくる患者の健康状態や病歴、治療履歴などを一括して管理するというものです。

DLOCとは

アメリカで行われているプロジェクトで、病院に訪れた人物の健康状態や病歴をFactomで一括管理するという内容。

患者の電子カルテを作成し、それがアメリカの全病院のコンピューターを通じて共有される。患者の電子カルテ情報は、スマートフォンなどの端末から読み取れることができ、主に医療現場などでの利用が期待されている。

DLOCのもとでは、患者の健康状態や治療履歴などの情報を、QRコードやバーコードを読み込むだけで、引き出すことができます。

ここでも、ブロックチェーン技術が持つ、情報が改ざんされるリスクが少ないという特徴が活用されています。

情報が改ざんされないという信頼が確保されることによって、コンピューター上に情報を保管することができ、情報を収集するスピードが格段と上がります

Factomの将来性

Factomはアメリカ全土にわたって、不動産管理や医療分野でのプロジェクトが進行しているため、将来性は充分に高いと言っていいでしょう。

アメリカだけでなく、日本やイギリス、カナダといった先進国でもFactomは活動しています。今後は様々な国でFactomを利用した大きなプロジェクトが開始される可能性もあります。

また、企業と提携して、データ管理に応用できるという側面もあります。

企業は今後販売活動を進めるうえで、消費者のデータを活用することが重要となります。消費者のデータ管理にFactomの技術は応用できると考えられ、企業との提携が進めば、Factomは、一層普及するでしょう。

まとめ

ここまでFactomについて説明してきました。

仮想通貨は基本的に使う人が増えること、つまり需要の拡大が価値を押し上げます。Factomの需要の広まりは、低コストで安全に大量の文書を管理できるというメリットがどれだけ認知されるかにかかっていると言えます。

情報管理のシステムは今後重要となり、Factomの技術が普及していく可能性は高いと思います。今後の動向に注目していきましょう!