LINEの韓国での子会社「Unblock」で重要なポストを務めるJinhee Lee氏




Jinhee Lee氏は、スマホ向け無料通話アプリで有名なLINE株式会社の韓国での子会社であるUnblock社のチーフ・イノベーション・オフィサーと最高製品責任者(CPO)を務める人物です。先ごろ、LINEは「LINE Token Economy」という構想を発表しましたが、その際にLINE独自のブロックチェーンネットワークによるシステムと、そのシステム内で利用可能な仮想通貨「LINKトークン」についての説明を行ったことでニュースになりました。

Jinhee Lee氏について

・アメリカでエンジニアとして従事
・帰国後さまざまな企業の重要ポストを務める
・LINKトークンは年内公開予定と発表

アメリカでエンジニアとして従事

Jinhee Lee氏は、これまでソフトウェア開発やモバイルアプリ開発、ブロックチェーンなどのウェブテクノロジーに携わってきた人物です。ソウル大学校でコンピュータサイエンスとエンジニアリングを学び、2004年からアメリカに渡って、カーネギーメロン大学にて理学修士号を取得しています。卒業後にOracleに入社し、3年ほどそこでテクニカルスタッフとして勤務していました。さらに、ソーシャルゲームの「Zoodak.com」という企業や、ソフトウェア会社の「Readyforce」という企業でもエンジニアとして携わっていたようです

帰国後さまざまな企業の重要ポストを務める

Lee氏は2012年に韓国に帰国し、「Plattr」という企業を共同で設立、CEOを務めています。これもモバイルゲームなどを開発する会社です。2014年に同社を離れ、ソウルにある飲食に特化したモバイルソーシャルサービスの「Tastelog」という会社でCEOを務めました。しかし、そこも2年ほどで離れ、2016年に今度は「TLX Pass」という企業の最高技術責任者(CTO)に就任し、2018年2月までその任を務めています。ちなみに、このTLX Passというのは、ジム、ヨガ、ピラティス、水泳、ゴルフなどのフィットネスサービスが、加盟店ならパス一つで韓国全土のどこでも格安で利用できるというサービスです。サービスの開始から1年で10万人以上の加入者を獲得するなど、現在、韓国のフィットネス業界では最もホットなサービスを提供する企業と言えるでしょう。

LINKトークンは年内公開予定と発表

Lee氏がUnblockに入社したのは2018年5月です。9月にシンガポールで開催された会議にて、LINE Token Economy構想について語ったところによると、今年12月にLINKトークンが公開されるとのことです