HEATはどのような特徴のある仮想通貨か?




HEATとは?

HEATは2016年に取引が開始された仮想通貨です。通貨単位も同じく「」で表示されます。

仮想通貨のやり取りで発生するスケーラビリティの問題を解決することを最大目標に置いた通貨で、第1世代のビットコイン、第2世代のイーサリアムにはない特徴を備えていることから、第3世代型仮想通貨と呼ばれるもののひとつです。それまでの仮想通貨のデメリットを補う形で開発されており、市場でも注目されている存在です。

この記事では、HEATの3つの特徴と将来性について紹介します。

HEATの3つの特徴
  • 第3世代型の仮想通貨
  • スケーラビリティが無限
  • マルチシグに対応

第3世代型の仮想通貨

HEATは、従来のビットコインやイーサリアムに比較してスピードを重視して開発された仮想通貨です。

システムを利用者とサーバーがそれぞれに役割分担して運用する方式を採用しています。ブロックチェーンを素早く生成できる「非同期トランザクション」を採用していることから、第3世代型仮想通貨と言われています。カスタマイズ性にも優れており、規模の大小を問わずクラウドファンディングに向いている通貨です。

スケーラビリティが無限

ビットコインがハードフォークしたのは、ビットコインのブロックサイズが1メガバイトに制限されていることが要因です。1ブロックに書き込めるトランザクションの数が制限されることでデータ処理のスピードが落ちて、結果的に送金に時間がかかってしまうのを「スケーラビリティ問題」と呼びます。

HEATは、スケーラビリティが無制限で、非常に大きなトランザクションを一気に処理できる点が強みです。

マルチシグに対応

HEATは独自に暗号化されており、HEATを経由しながらビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨へアクセスすることが可能です。セキュリティも高いレベルで実現されており、個人の基軸通貨として機能させることができます

HEATの将来性

HEATは、仮想通貨市場の関係者からも大きな期待を寄せられています。

多くの機能を持っており、今後の成長が見込まれています。価格も乱高下を繰り返しながら全体的には上昇傾向にあり、今後の公式の動きに注目したいところです。

ビットコインとイーサリアムは仮想通貨の利用価値を大いに高めましたが、手数料が高いことや送金時間がかかることがあるなど、弱点も多いことが指摘されています。

HEATはそういった弱点を改善した仮想通貨で、新しく誕生した仮想通貨プロジェクトのなかでも抜けた存在として認知されています。今後の認知度の上昇が期待されています。

HEATは他の仮想通貨と差別化出来るか?

HEAT (HEAT) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2016年に取引が開始されました。取引開始後は、大きな値動きがなく推移していましたが、2017年から徐々に上昇し始めました。2018年初頭、一時は高騰し取引開始の数十倍という高値を更新しました。現在の値動きは落ち着いた傾向です。

ビットコインやイーサリアムの弱点を克服したHEAT。しかし、これらの仮想通貨の弱点を克服した仮想通貨は多く存在するため、その中で抜きん出るためには差別化となる機能が不可欠です。第3世代の仮想通貨として、仮想通貨業界を牽引出来るかどうか、期待が膨らみます。

機能面では充実している仮想通貨なので、差別化ポイントをマーケティングしより多くのユーザーを取り込めるよう活動していくことが重要です。今後、SNSや公式サイトなどでの情報のアップデートに注目です。

HEATの主な取引所