仮想通貨取引所ジェミナイが保険会社との提携を発表




この記事のポイント

・仮想通貨への保険適用の是非
・イーオンとの提携
・ジェミナイの信用度の上昇

仮想通貨の弱点としてハッキングによる盗掘が挙げられます。コインチェック事件にも代表されるように、仮想通貨取引所をターゲットにしたハッキング事件が発生していることから、消費者の仮想通貨に対する心理はネガティブなものへと変化しています。一般的に銀行預金であれば、仮にハッキングで預金が盗難されたとしても、保険が適用され被害が最小限になるよう対策を行っています。

仮想通貨取引所への保険適用は起こるか

実際の通貨を保護するための保険制度があるのであれば、仮想通貨取引においても万一のハッキングに対応できる保険制度があってほしいとだれもが考えるはずです。保険制度があるかどうかによって消費者の投資マインドも変わってきます。この点で2018年10月に驚くべき発表がありました。それはウィンクルボスブラザーズが運営する仮想通貨取引所ジェミナイにおいて、保険が適用される見込みだという発表です。

大手保険会社との契約

ジェミナイが契約を交わしたのはアメリカの大手保険会社エーオンです。エーオンと交わした覚書によれば、ジェミナイが保有する仮想通貨について、万一ハッキングや盗掘などの被害が生じた場合、保険を適用し契約者を保護するという内容です。この発表は仮想通貨界に大きな影響を及ぼしています。今後同様に保険適用に踏み切る取引所が増加することが十分考えられるのです。

保険適用によるメリット

保険適用による最大のメリットは顧客の資産が保護されるという点でしょう。仮想通貨はいまだに取引が危険だと考える消費者が少なくないため、仮想通貨バブル崩壊の引き金にもなっています。このような消費者マインドが解消されるなら、仮想通貨への投資を渋っていた投資家たちも投資に踏み切る可能性が十分にあります。

これまでと今後の違い

ジェミナイはこれまで顧客保護手段として連邦預金保険公社による資金保護を採用していましたが、保険会社による保護と比較すると、補償される金額に制限があることが難点でした。今回の保険会社イーオンとの提携により、この問題が抜本的に解決される見通しになり、ジェミナイを利用する投資家たちが増加することが予想されています。案の定この発表後、ジェミナイを利用する投資家たちは増え続けていて、まだ保険適用とはなっていない仮想通貨取引所からの鞍替えを希望する投資家たちが後に続いています。今後どのような展開になるか、目が離せない状況です。