LedgerがTezosのWalletを開発する可能性?




この記事のポイント

・Tezosのサービスの安定化が目的
・Ledgerでもサポートの進行を認めている
Systemがハードウォレットのサポートするソフトウェアを発表

2018年上半期から動きが活発に

Obsidian Systemが2018年6月1日に発表したブログ記事の中で、Ledgerのハードウェアウォレットのプラットフォームをサポートできるソフトのリリースを発表して話題を集めました。このソフト開発の背景には、仮想通貨のTezosのサービスの安定化を狙っているといわれています。今回のソフトについては、あくまでも第一弾という位置づけのようです。セキュリティ上の処置として、昨日の制約が伴うことは認めています。しかし今後バージョンアップすることで機能がどんどん新規追加されて、より使いやすいものとなるでしょう。

ちなみにLedgerでもTezosに関するサポートは現在進行で進めていることを認めています。公式にアナウンスしているほどです。仮想通貨の運用を行っている人にとって、LedgerのWalletというとご存知かもしれません。インターネットから隔離して保管することで、仮想通貨を安全に管理できると評判です。このLedgerとTezosが今後タッグを組むことになれば、仮想通貨業界におけるTezosの存在感もますます高まっていくと予想されています。

詳しいマニュアルも発表される予定

Obsidian Systemの発表によると今回リリースされたソフトのマニュアルも今後作成して配布する予定だといいます。莫大な資金調達に成功した仮想通貨のTezosに興味を持っている人も多いでしょう。しかしこのネットワークに具体的にどう関わっていけばいいかわからないという声もネット上ではしばしば聞かれます。しかし今回マニュアルがリリースされれば、より気軽にかかわれるようになるでしょう。ノードとベーカーの設定の操作するための使い方についても、今後マニュアルで詳しく配布する計画もあるといいます。まだ2018年11月現在実用段階ではないようですが、もしリリースされれば、より積極的にTezosに関わっていけるでしょう。

まだ計画段階で、不透明な部分もたくさんあるのでまだ予断は許さないかもしれません。しかしこれらの計画が具現化されれば、Tezosの価格高騰の可能性も大いに考えられます。仮想通貨の運用で大きな利益を上げたければ、TezosやLedgerの今後の動きに注視したいところです