国営投資会社テマセク・ホールディングスがブロックチェーン開発企業へ積極投資




 

この記事のポイント

・テマセク・ホールディングスによるブロックチェーン開発企業への投資劇
・仮想通貨界への投資を行うワケ
・ブロックチェーンとAIを結びつける新たな社会の創造

テマセク・ホールディングスが仮想通貨開発企業へ積極投資

テマセク・ホールディングスといえばシンガポール国営投資会社として広く知られています。このほどテマセク・ホールディングスがブロックチェーンを開発する企業に対して多額の投資を行ったことが明らかになり、仮想通貨関係者の注目を集めました。テマセク・ホールディングスの総資産は日本円で約24兆円と潤沢な資金力を武器に積極的な投資を行っています。

プラスマインドへ変わる可能性も

仮想通貨に対するネガティブな社会イメージが掲載される中、テマセク・ホールディングスの投資劇は仮想通貨投資家に対するポジティブな影響を与えるものとなり、市場価格へのプラスの影響が期待されています。注目すべきなのはテマセク・ホールディングスがなぜ仮想通貨に対する投資を実施したのかということです。シンガポール政府が仮想通貨への関心を示しているということは世界的な市場に与える影響が大きいからです。

ブロックチェーンへの期待

そもそものきっけかになったのは、ブロックチェーン技術の社会への浸透です。ブロックチェーンが持つ秘匿性と情報共有の安全性は世界的に高く評価されていることから、他の分野へ応用することで情報をより安全かつスピーディーに共有できるようになります。しかも仮想通貨はインフレリスクに強く、一国の通貨制度に左右されないというメリットも持ち合わせているため、シンガポール政府はいわゆる安全資産としての仮想通貨の導入に注目しているという見方もあります。

投資の理由と将来性

さらに今回の投資により、投資を受けた側の企業はAIを活用した最先端技術研究をさらに進める声明を発表していることから、仮想通貨とAIを結びつけた新たな可能性についても期待が集まっています。シンガポールは世界中の企業が本社を置くことでも知られていて、世界各地の投資家たちが集まる地域でもあります。仮にシンガポールが仮想通貨の中心地となるなら、今後のアジアの経済勢力図に大きな変化が訪れる可能性が高いです。

テマセク・ホールディングスによれば、今回の投資は短期的な視野ではなく長期的な視野での投資を行うと発表しているため、仮想通貨の成長に寄与する可能性が高く、今後仮想通貨の値上がりにも貢献する可能性があることも示しています。そこに投資家たちの期待が集まっているのです。