BitcoinDarkとは?詳しく解説




という仮想通貨は聞いたことがあるでしょうか。

BitcoinDarkは、2014年にNovaCoinから分裂して生まれた仮想通貨で、通貨単位は「BTCD」です。分裂といっても、チェーンを生成するブロックの容量拡大によるもので、ハードフォークと呼ばれる方法でアップデートされています。

アップデートの方法には、ハードフォークとソフトフォークというやり方があります。

ハードフォークはシステムのアップデートの際に以前のバージョンとの互換性を持たないため、アップデート後は新旧2つのバージョンの仮想通貨が存在することになります。それに対してソフトフォークというやり方は、互換性が保たれるため、新旧2つのバージョンの仮想通貨が誕生することはありません

 ハードフォークソフトフォーク
目的ブロックの容量拡大ブロックに入れるデータの縮小
ブロックの分岐(フォーク)永久的一時的
互換性無しあり

BitcoinDarkは、ハードフォークに該当するため、元の通貨であるNovaCoinとの互換性はなく、まったく別のコインとして存在しています。

そしてBitcoindarkは、さらに新しい仮想通貨であるKomodoに置き換えられることが予定されています。

では、Bitcoindarkについて詳しく説明していきます。

匿名性が高い!

BitcoinDarkが注目されたのは、匿名性が非常に高いという点です。

ビットコインは、ブロックが完全に公開されており、誰が誰にどのくらいの量のコインを送金したのかを閲覧することが可能です。その一方でプライバシーが保護されていないという問題も抱えています。

BitcoinDarkでは、Cryptonoteという技術によって高い匿名性を確保しています。

Cryptonoteとは

自分が使用しようとしている秘密鍵を他人の秘密鍵に混ぜ込むことで、誰が使用したのかを分からないようする仕組み。取引時のプライバシーを確保することができる。

これは送金するときに、1回かぎりのアドレスを作成したり、受領するときに1回限りのパスワードを発行したりするなどして、他人に知られることなくやり取りができるメリットがあります。

その一方で、マネーロンダリングとの相性が良く、犯罪に利用されるというリスクも抱えています。

分散型アルゴリズム

仮想通貨で常に問題となるのが、取引の整合性を担保するための承認作業です。

仮想通貨のメリットは、政府や中央銀行などが介在しない非中央集権的な運営にありますが、承認するためには高度な設備も必要となるため、実体としては特定の人やグループに履歴確認の作業が集中する傾向があります。

ところがBitcoinDarkでは「Instant DEX」という分散型取引所を利用しており、中央管理者がまったく存在しない取引を実現しています。

 

Instant DEXとは

分散型取引所のこと。仮想通貨の取引所として有名はCoincheckやbitFlyerとは異なり、特定の運営企業が存在しない取引所である。

ユーザー自身が秘密鍵の管理を行う方式で、ハッキングや破綻のリスクが低く、手数料が安く済むというメリットがあります。

今後はKomodoへ

BitcoinDarkの実体は新しい仮想通貨であるの開発に移行しつつあります。

Komodoは、仮想通貨のブロックチェーンを生成して開発する環境を提供するプラットフォームですが、ゼロ知識証明を使った匿名性の高い取引を実現しています。

ゼロ知識証明とは、偽名性と非連結性を実現して、誰が誰に送金したのか追跡することを困難にしています。

ゼロ知識証明では、アドレスの保有者や、その保有者の経済的活動などの情報を隠匿することが可能です。こうして取引者のプライバシーを確保しています

まとめ

ここまでBitcoindarkについて説明してきました。現在のところ、BitcoinDarkは開発が停止される方向です。今後はKomodoに注目していきましょう。

Komodoは、海外の大手取引所で取引されていますし、分散型取引所として知られるInstantDEXでも取引することが可能です。

Komodoについて

ビットコインと同等のセキュリティと、ビットコイン以上の匿名性の担保を目指すプラットフォームで、通貨名は「KMD」。分散型取引所でも取引が可能。

匿名性の高い仮想通貨に関しては、プライバシーが保護されるというメリットがある一方で、犯罪の温床になりやすいというデメリットもあります。

匿名性が高いことについては、賛否はありますが、今後の動向には注目していきたいですね!