現実にお金を稼げるブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ(My Crypto Heroes)」




 

「マイクリプトヒーローズ(My Heroes)」とは、double jump.tokyo株式会社が開発した国産のブロックチェーンゲームです。クラウドセールの開始後、わずか1時間で360ETHの売上を記録し、取引数、取引量、DAUで世界1位を達成し話題になりました。

マイクリプトヒーローズ(My Crypto Heroes)とは

・ゲームをプレイして現実のお金を稼げるゲーム
・Loom Networkのサイドチェーンで従来の問題点を解決
・大きな可能性を持つブロックチェーンゲーム

ゲームをプレイして現実のお金を稼げるゲーム

マイクリプトヒーローズは、3人編成のチームでクエストに挑むRPGです。「クリプトエナジー」と呼ばれる経験値と、「エクステンション」と呼ばれる武器や防具でヒーローを強化し、強化したヒーローでさらに難易度の高いクエストに挑戦してレアなエクステンションを獲得するというのが基本的な流れになっています。ゲームの流れは基本的なRPGと同じですが、このゲームで特徴的なのが、ヒーローやエクステンションの売買が自由なところです。これらはゲームアセットと呼ばれ、その所有権は各ユーザーに帰属し、ETHのブロックチェーンに自身のトークンとして記録されます。それをマーケットで売買して現実のお金を稼ぐことができるのが、従来のRPGと違うこのゲームの大きな特徴です。

Loom Networkのサイドチェーンで従来の問題点を解決

マイクリプトヒーローズはDApps(ブロックチェーン技術を用いる非中央集権型アプリケーション)のゲームです。これまでにもDAppsのゲームは国産のものもいくつかありましたが、マイクリプトヒーローズはゲームのクオリティがずば抜けており、無料でもかなり楽しめるのがこれまでのゲームと違っています。従来のDAppsゲームは操作のたびに手数料がかかり、ETHを入金しなければゲームが進められませんでした。しかも、入金しても取引の承認に時間がかかるのも問題です。その問題点をクリアするために、マイクリプトヒーローズでは、高速取引を可能にしたLoom Networkのサイドチェーンを採用しました。

大きな可能性を持つブロックチェーンゲーム

ブロックチェーンゲームという新たなゲームのジャンルが生まれつつありますが、マイクリプトヒーローズの登場でようやく本格的に遊べるブロックチェーンゲームが誕生したと言ってもよいでしょう。まだ課題もあり、これからさらに発展の必要がありますが、従来のゲームより大きな可能性を秘めていることは確かです。