日本企業が設立したフィンテック関係の学校法人「JAPAN FINTECH CENTRE」




「JAPAN FINTECH CENTRE」(以下、JFC)は、東京に本社を置くIT関連の人材派遣・紹介会社「Coingate株式会社」が、ベトナムの「Kenko Japan Ltd.」(代表取締役:グエンティビックトゥイ)と共同出資したフィンテック分野の技術者の育成を目的とした学校法人です。2019年1月、ベトナムのハノイ市で開設されました。

JAPAN FINTECH CENTREについて

・日本企業が開設したベトナム初のフィンテック教育機関
・ベトナムトップクラスの大学と提携し高度な技術を備える人材を育成
・すでに第1期生の募集が始まる

日本企業が開設したベトナム初のフィンテック教育機関

JFCは、日本の企業が初めてベトナムに開設したフィンテックの教育機関になります。ベトナムで外国企業が出資して学校法人を設立することは簡単ではありませんが、AIやブロックチェーン技術、セキュリティなど最先端技術の人材のニーズが高まる現状において、ベトナムの優秀な人材に注目したCoingate株式会社が、ベトナム情報通信省の支援のもとベトナム政府の認可を受け、ハノイ市に設立されることになりました。同センターで日本や世界に通用する高度なIT技術者を育成し、日本企業への就職や派遣を支援していきます。

ベトナムトップクラスの大学と提携し高度な技術を備える人材を育成

JFCでは即戦力となる高度な人材を育成するため、企業からオーダーメイドでカリキュラムを作成し、AI、ブロックチェーン、セキュリティなどのフィンテック分野の技術者を育成していきます。学生の選抜は、ハノイ国家大学テクノロジー校、ベトナム暗号技術学院、ハノイ工科大学、ベトナム経済大学などこの分野におけるベトナムのトップクラスの大学と提携して、大学生、大学院生、およびすでに就業している卒業生を推薦してもらう予定です。大学生や大学院生なら、センターを修了した後、1年間日本でインターンシップを経験し、そのまま日本で就職することもできます。日本から技術者を派遣して、フィンテック分野の実践的なトレーニングを積むとともに、日本語の習得にも力を入れていくことになるため、センター修了後はそのまま日本企業で即戦力として通用する人材が誕生することになるでしょう。

すでに第1期生の募集が始まる

すでにJFCでは第1期生の募集を開始しています。このなかから、IT技術者を20人、インターンシップの大学生を50人、日本に派遣する予定です。