怪しさ満点の草コインHarmonyCoinとは?




HarmonyCoinとは?

仮想通貨大好きの国・韓国で2017年に生まれたのがHarmonyCoinです。通貨単位は「HMC」です。謎が多いHarmonyCoinですが、このコインが誕生した韓国の情勢と共に、果たして投資に値する通貨なのか、考察していきます。

HarmonyCoinの3つの特徴
  • 韓国はなぜ仮想通貨の取引が盛んなのか?
  • HarmonyCoinはPoWとPoSとのハイブリッド
  • HarmonyCoinは朝鮮半島統一を目的として作られた通貨?

世界一仮想通貨が大好きな国・韓国

2018年1月の時点で、世界中で行われた仮想通貨取引に使われた法定通貨のランキングは、一位はアメリカドルですが、二位は韓国のウォンだったというデータがあります

アメリカのドルは、国際的な基準通貨なので世界中で普通に仮想通貨取引に使われるので、一位になるのも当然です。

しかし、ウォンは韓国でしか使われていないので、それだけ多くの韓国人が仮想通貨取引に参加しているということです。つまり、一国家としては世界一多く仮想通貨を取引しているということになります。

なぜ韓国の人は仮想通貨が大好きなのでしょうか。

韓国は、SAMSUNGなどの大きな電子機器メーカーもあり、IT技術や電子インフラが早くに整備された国です。国民もマイクロペイメントに親しんでいるので、仮想通貨の概念も受け入れやすものなのでしょう。

一方で失業率が非常に高く、国家経済に対する不信感が高まっています。北朝鮮情勢の不安定さも相まって、国家に寄らない通貨である仮想通貨への期待が高いと言えます。

そんな韓国の人達のツボを突こうとしたのがHarmonyCoinという草コインです。

理念や哲学は立派なHarmonyCoin

HarmonyCoinは、Harmony財団という韓国のグループが開発していると思われる仮想通貨です。

その公式サイトを見てみると、真っ先に掲げられているのがPoWとPoSのハイブリッドの通貨であるということです。しかし、その先を見ても他に技術的な特徴を示すものはありません。

代わりに、「個人の才能を開花させるためのサポートをする」とか、「コミュニティを大切にして、改善していく」とか、「新しい技術でBitcoinを追い抜く」といった哲学や理念がたくさん書かれています。

さらに、このHarmonyCoinの取引で発生した手数料の一部は朝鮮半島の統一のために使われると書かれています。

韓国の人たちの不安を解消するように、ニーズに答えようとしているのかもしれません。

しかし、その目論見は失敗したようで、現在価格はほとんど上がっていないようです。典型的な草コインと言えるでしょう。

HarmonyCoinの将来性

HarmonyCoin (HMC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始時は大きく値が動きましたが、その後、数ヶ月で下降傾向に転じました。仮想通貨全体の盛り上がりを見せた2018年初頭には再度価格が上昇しましたが、取引開始後ほどの盛り上がりはなく、すぐに下降傾向に。その後価格が大きく動くことなく、現在はほとんど取引自体がない状況です。

公式サイトには、哲学やビジョンが記載されていますが、その他機能面での強みやロードマップ、具体的なマーケティング活動などがまったく見えて来ません。TwitterなどSNSのリンクもアカウントにつながっていないため、最新情報を収集することも困難でしょう。今後取引を行う場合は、十分な注意が必要です。

HarmonyCoinの主な取引所