Stealthcoinはどのような仮想通貨なのか?




Stealthcoinとは?

Stealthcoinは2014年7月に公開された仮想通貨で、通貨単位は「XST」を使っています。

発行上限枚数は2070万枚で、数量を絞って公開している通貨といえるでしょう。匿名通貨のひとつで、ユーザーのプライバシーを保護することに注力して開発されています。同様の通貨としてMoneroやDashなどの人気通貨があり、こういったものと同等の人気が出れば大きな価値を生み出すことが予想されます。

Stealthcoinの3つの特徴
  • TORプライバシーシステム
  • qPoS方式の採用
  • 高度な暗号保護機能

TORプライバシーシステム

TORシステムは、プライバシーの保護を強化するシステムです。

Stealthcoinは非公開トランザクションを形成して、TORシステムによって流通活動を秘密化して、ネットワーク監視から防御します。TORシステムは、ネットワーク分析からも安全性が高いことが証明されており、個々のトラフィックを保護する機能に優れています。世界中のボランティアスタッフによって運営されており、ユーザーの通信を守っています。

qPoS方式の採用

Stealthcoinでは純粋に経済的なシステムで流通をうながす目的で、ブロック認証システムとしてqPoS(quantum Proof of Stake)を採用しています。

通貨のやり取りを記録するブロックを生成するときに署名するシステムで、報酬を公平に分配してマイニングを安全に保つ機能があります。

高度な暗号保護機能

Stealthcoinでは、匿名性を最優先事項としています。

高度な暗号保護機能を使って情報を第三者に知られないようにしており、インターネットにおけるプライバシーの侵害を防ぎます。民間通貨として流通させながら、高い匿名性を保つ試みです。事故の発生を未然に防ぐ目的で、約4時間のローブロック生成を実行します。

Stealthcoinの将来性

Stealthcoinは、専用のウォレットをインストールしたユーザー同士でSMSを使って送金できるようにしています。

匿名性が高い通貨としてMoneroやDashがあり、これらは高い価値を認められています。Stealthcoinもそれに続いて市場が高い評価をしており、今後の価値上昇が見込めるとされています。

2017年11月くらいから価格上昇を果たしており、今後も注目の通貨と言っていいでしょう。Bittrexなどの大規模取引所にも上場しており、進化が期待できる通貨です。専門家からは、単なる草コイン以上の価値を生み出しつつあると評価されています。

Stealthcoinは今後も支持される仮想通貨か?

Stealth (XST) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2014年の上場後、大きく値上がりをしましたが、その後は大きな価格変動なく推移していました。2017年頃から2018年にかけて、仮想通貨の盛り上がりと共に大きく価格が高騰しています。その後、ゆるやかな下落をしています。

匿名通貨として、MoneroやDashと共に人気のStealthcoin。セキュリティ面の強化は、昨今の仮想通貨流出事件などを受けてユーザーもシビアになっている点です。それらをクリアする機能は、今後も支持され続けるでしょう。

公式サイトの更新はあまり頻繁ではなく、コミュニティの規模も小さめですが、Twitterなどはゆるやかに更新があり、アップデート情報などを共有しています。アップデート情報を知りたい場合は、SNSを中心にチェックしてみることをおすすめします。

Stealthcoinの主な取引所