コミュニティの意見が反映されるオープンソースなPirl




Pirlとは?

Pirlとは、イーサリアムにを改良したアルゴリズムである「イーサハッシュ」を世界で初めて導入した仮想通貨です。コミュニティによる意思決定に重きを置いている点が特徴的です。

Pirlの3つの特徴
  • 世界で初めてのイーサハッシュ
  • コミュニティの活動が活発
  • クラウドプロバイダーが管理運営

イーサリアムに触発されたイーサハッシュ

2017年に取引が開始されたPirlは、仮想通貨としてはそれほど長い歴史があるわけではありませんが、暗号化されたマスターノードをベースにした世界で初めてのイーサハッシュという特徴があります

イーサハッシュというのはアルゴリズムの一つで、もともとはPoWというアルゴリズムを改良して開発されました。すでに存在していたイーサリアムのプロジェクトに触発されて開発がスタートしたのがPirlの由来となりますが、通貨の特徴はオープンソースをベースとしている点がイーサリアムととても良く似ています。

コミュニティの存在が大きい

Pirlの特徴の一つに、コミュニティの活動が活発で、その存在価値が大きいという点があげられます。

どの仮想通貨にもコミュニティは存在していることが多いのですが、通貨ごとにコミュニティの利用目的や活動内容、どのぐらいのユーザーが日常的にアクセスしているかという点は大きく異なります。

Pirlでは、通貨の将来的なロードマップを決定する場合などには、コミュニティでたくさんの人が交わしている意見を参考にして決められるという特徴があります。コミュニティを利用しているユーザーが投票とか多数決で決めるというわけではありませんが、コミュニティの意見が取り入れられやすく、その比重が重いという点は、Pirlの大きな魅力ですし、たくさんのユーザーから高く評価される理由の一つとなっています。

ブロックチェーンはクラウドプロバイダーが管理

Pirlは、オープンソースタイプのプロジェクトで、スマートコントラクトを円滑に走らせる目的でブロックチェーンが用いられています。また、ユーザーどうしの取引やアクセス、その他オンラインで行われる分散型のストアなどは、どこかで障害やトラブルが発生しないようにあらかじ綿密に設計されています。これらの実質的な管理や調整は、クラウドプロバイダーが行っているという特徴があります。

Pirlはマスターノードも大きな特徴の一つです。Pirlのネットワークの最初のノードにはマスターノードが搭載されていて、ユーザーどうしの取引を中継する以外にも、開発途中の分散型アプリケーションではプロジェクトの一部として機能するなどの役割りも果たしています。またマスターノードの稼働状況に応じて、新しくPirlが生成されるという特徴もあります。

Pirlの将来性

Pirl (PIRL) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始時は仮想通貨全体の盛り上がりの時期だったため、2018年初頭まで価格が上昇し高騰していきました。2018年1月には最高値を記録しています。しかし、その後は下降傾向で現在もその傾向が続いています。

仮想通貨の中には、いきなり公式からの発信が途切れたりSNSの更新が途絶えることも少なくありません。しかし、Pirlは現在もコミュニティでの議論が活発でTwitterなどのSNSでの更新も頻繁です。情報発信が活発な仮想通貨は、人が集まりやすい傾向にあるため今後も議論が進み、機能面やマーケティング面でも飛躍をする可能性も考えられます。今後の動向に注目です。

Pirlの主な取引所