ブリスベン空港公社がTravelbyBitと共同し、ブリスベン国際空港内に仮想通貨決済プラットフォームを構築する




この記事のポイント

・ブリスベン国際空港内の店舗に仮想通貨の決済プラットフォームが導入される
・TravelbyBitは仮想通貨XEMと提携し、ホルダーへの特典を展開している
・TravelbyBitはクイーンズランド州政府の支援を受けている

2018年6月、オーストラリアのクイーンズランド州ブリスベンにある国際空港、ブリスベン国際空港を運営するブリスベン空港公社は、TravelbyBitと協力して、空港ターミナル内にあるショップで仮想通貨の決済プラットフォームを導入しました。

TravelbyBitは、ブリスベンの観光事業の拡大を目的として設立された企業です。旅行業界向けに仮想通貨による決済サービスを提供することを主な業務とし、クイーンズランド州政府からの支援を受けています。また、州立アドバンス・クイーンズランド投資ファンドより88000ドルの出資を受けています。

TravelbyBitはブリスベンと周辺地域に、仮想通貨による決済サービスのネットワークを構築しており、地域内の数十のホテルやレストランの店舗などに導入されています。決済に使用できる仮想通貨はBitcoin・・Steam・XEMです。

世界初のBitcoinフレンドリー空港

ブリスベン空港公社は、TravelbyBitの協力の元、空港内での決済を仮想通貨で行えるネットワークを構築しました。このブロックチェーンPOSシステムには、空港トランスポートを始め高級ホテル等の宿泊施設が含まれる他、ブリスベンの郊外地区であるフォーティテュード・ヴァリーにあるレストランやエンターテイメント施設なども含まれます。

仮想通貨XEMとの共同事業

TravelbyBitは2018年2月に、仮想通貨XEMとの共同事業を発表し、観光サイトの構築を始め、XEM所有者に対する数々の特典を企画しています。事例としては、対象店舗でのXEM決済には10~25%を割り引く他、指定ルートを旅行する旅行者の宿泊費用等にも同様の割引が適用されます。

この共同事業はブリスベン空港で行うXEM決済にも適用されています。

TravelbyBitの今後の展開

TravelbyBitは、2018年にオーストラリアのゴールドコーストで開催された英連邦の総合競技大会(コモンウェルスゲームズ)に合わせて展開された仮想通貨決済による旅行事業に関し、クイーンズランド州政府と共同で計画と国際的マーケティングの活動を展開しました。

また、今後TravelbyBitはオーストラリア全土に展開するカフェチェーンに自社のシステムを展開する他、ソフトバンクロボティクスと共同で、ペッパー(ロボット)を使ったブロックチェーン教育のデモンストレーションの実施といった事業を予定しています。