tezosのメインネット開始予定と更なる実装について




 

最近になって今まであまり注目されてこなかったtezosが急に騒がれ始めたのには理由があります。それはtezosをメインネットに乗せるための最終テストであるベータネットが今年7月にリリースされたからです。メインネットにブロックチェーンが公開されれば、無事に独立したブロックチェーンとしてトランザクションが行われることになります。ではtezosの今後の更なる実装などについて見ていきましょう。

・tezosはメインネット開始予定発表後価格が急上昇
・メインネット開始後は順調に運用されている
・tezosの更なる実装が期待できる

tezosはメインネット開始予定発表後価格が急上昇

Tezosはメインネット開始予定が発表された後急激に価格を上げました。この価格高騰はtezosの注目度の高さをよく表しています。TezosはICOの時点ですでに200億円もの資金を集めているため、投資家たちの間ではかなり有名な仮想通貨でした。しかしtezosのブロックチェーン技術の高さや今後の将来性が知られるようになると、その注目度はさらに高まりメインネット開始予定が発表されると価格が50%以上も上昇したのです。一気に仮想通貨の時価総額ランキングの上位にランクインしてその注目度の高さを示しました。

メインネット開始後は順調に運用されている。

メインネットはすでに開始されましたが、今のところ順調に運用されているようです。実はtezosは7月中旬にネットワークが一時停止したため、メインネットが始まった後のことについても懸念されていました。ネットワークが停止すれば甚大な被害が出る恐れがあります。しかしネットワークが停止した原因も究明されて解決されたため、ブロックチェーンは問題なく運営されています。今後さらに新たなサービスが提供されていくと期待しましょう。

tezosの更なる実装が期待できる

tezosに限らず、仮想通貨にはいろいろなサービスが機能の更なる実装が必要になります。メインネットの実装が終了したtezosは今後も多くの機能が開発されていくことでしょう。tezosの開発チームは頻繁にSNSなどで情報を発信しており、求人も募っています。大学や研究所への助成も行っているため、tezosの更なる実装がいよいよ現実的になっているのです。これから仮想通貨に投資しようという方は、まだ価格が低いうちにtezosに資金を投入することを検討できるでしょう。