tezosのtps性能について




 

仮想通貨がなぜこれほどまでに拡大してきたかといえば、その理由は決済におけるトランザクションのスピードにあります。これまでは海外送金を銀行に頼ってきましたが、仮想通貨を使えば海外送金にかかる手数料や時間を節約することができるのです。仮想通貨の多くがブロックチェーン技術の向上やスマートコントラクトなどによってこのトランザクションのスピードを高めることに注力していますが、tezosのtps性能についても見ていきましょう。

・tezosはtps性能よりも安全性に重きを置いている
・tezosのtps性能は他の仮想通貨に及ばない
・tezosのtps性能は飛躍的に伸びる可能性がある

tezosはtps性能よりも安全性に重きを置いている

tezosは近年急速に注目を集めている仮想通貨ですが、今のところそのtps性能はそれほど高いというわけではありません。というよりはtezosのtps性能についていえば、かなり遅れていると言わざるを得ないでしょう。今のところtezosは安全に取引が行えるセキュリティシステムを構築し、オンチェーンの状態で管理されるプラットフォーム上で出資者が仮想通貨やプラットフォームを自由に成長させることができるようになっています。安全性は高まっている一方でtps性能についてはこれからさらに伸びしろがあるという状態なのです。

tezosのtps性能は他の仮想通貨に及ばない

今のところtezosのtps性能は他の仮想通貨にはるかに及ばない状態です。1秒間に処理できる取引量はtps/sで表されますが、tezosの場合これは最大で30tps/sほどです。ビットコインの7tps/sよりは取引量が多くなりますが、仮想通貨の中で最速のリップルは1,500tps/sとなっており、tezosの50倍の取引量を処理できることになります。ちなみにクレジットカードのVISAは平均約2,500tps/s、paypalでさえ100tps/sほどであることを考えると、tezosのtps性能はやや劣ることがわかるでしょう。

tezosのtps性能は飛躍的に伸びる可能性がある

ただしtezosは将来的にベロスという代替えソリューションを用いてtps性能を飛躍的に伸ばす可能性があります。なんと最大で10,000tps/sも可能というスピードです。もしこの取引量が実現できれば、世界中の投資家がこぞってtezosに資金を投入することになるでしょう。今後もtezosのtps性能に注目です。