Arkとはどのような仮想通貨?





Arkは、2017年3月から取引が開始された仮想通貨です。

通貨単位は大文字の「」が使われています。公式サイトによると、ARKは企業・一般のユーザーがARKのシステムを使うことで簡単にブロックチェーンを使ったサービスを展開できるようにすることが目的とあります。

このプラットフォームを実現するためにARKの開発陣はユーザーがより使いやすく、開発者がより開発しやすいように多くのプログラミング言語を使えるようにしています。

この記事のポイント(arkの特徴)
  • Arkとは何か?
  • SmartBridgeを採用
  • 多くのプログラミング言語を使える
  • DPosの採用

Arkとは何か?

Arkの開発陣は、ユーザーが使いやすいプラットフォームを構築するために以下のような多くの機能をシステムに組み込んでいます。

  • SmartBridgeを搭載
  • 豊富なプログラミング言語
  • 数クリックで簡単にブロックチェーンによるサービス展開

SmartBridge

SmartBridgeとは、異なるブロックチェーンをArkのプラットフォームを通じて一つにまとめることができる技術です。

基本的に異なるブロックチェーンは、相互に干渉することはなく互換性はありません。例えば、ビットコインのブロックチェーンとイーサリアムのブロックチェーンを一緒に扱うことはできません。

個々の仮想通貨が持つデメリットを補うことができなく孤立した状態であることを示すことから、ブロックチェーンを使ったサービスの拡張性を考えると好ましくありません。

この拡張性を解決するために、開発されたのがSmartBridgeです。この技術を使ってARKは異なるブロックチェーンを仲介する役割を担うことになり、様々なブロックチェーンを組み合わせたサービスの構築を実現させることができるのです。

残念ながらまだ実用化には至っていないのですが、画期的なシステムであることは間違いです。

下記の画像では、ARKブロックチェーンがSmartBridgeを使って他のブロックチェーンのハブになっているのがよくわかります。

豊富なプログラミング言語

Arkブロックチェーンの特徴として、ブロックチェーン開発のために豊富なプログラミング言語が用意されているということです。

すでにArkがサポートしているプログラミング言語は11個にも及びどれもメジャーな言語であるので、開発者は新しい言語を学ぶ必要がなく参入障壁は低いと言えるでしょう。

Arkがサポートするプログラム言語
  • Python

オブジェクト指向のプログラミング言語。文法がわかりやすく初心者でも始めやすいことが特徴。

  • Elixer

ウェブアプリケーションに特化したプログラミング言語。2012年に発表された比較的新しい言語です。

  • RPC

正式名称はRemote procedure callです。ネットワークアプリケーションの開発に用いられます。

  • Java

現在最もメジャーなプログラミング言語と言っても良いでしょう。この言語の採用が発表された時は、Arkの価格も上昇しました。

  • .NET 

マイクロソフトが開発したアプリケーションを開発用のプログラミング言語。

  • Go

2009年にグーグルのエンジニアによって設計されたプログラミング言語。

  • PHP/Laravel

サイト作成用のツールであるワードプレスにも使われているウェブ開発用のプログラミング言語

  • TypeScript API

2012年にマイクロソフトによって開発されたプログラミング言語。厳密なコーディングルールがあることが特徴。

  • Nucleid

iOSアプリやウェブアプリケーションの開発ができるプログラミング言語。

  • Ruby

Pythonと並んで人気の高いオブジェクト指向のプログラミング言語。Webアプリ開発用のフレームワークであるRuby on Railsが有名。

  • Swift iOS

2014年にアップルが発表したiOSアプリに特化したプログラミング言語。

R、C言語、PowerShell、Rust、KotlinそしてC++も将来的に使えるようになる予定です。

 

数クリックで簡単にブロックチェーンによるサービス展開

数クリックでArk上でサービスを展開することが可能になっています。

簡単にArkブロックチェーンの特徴を使ったサービスを開発することができるので、資金や人手が乏しいスタートアップの会社なども参加しやすいです。

もちろん、Arkブロックチェーンに組み込まれれば自動的に他のブロックチェーンとつなげることができるSmartBridgeの技術を使用することが可能です。

DPoSアルゴリズム

ArkはLiskと同様、新しい取引承認システムである「DPoS(Delegated Proof of Stake)」を採用しています。従来の仮想通貨と違って、正しい取引承認する人をArkを保有しているユーザーの投票によって選出することになります。

投票で選出された51人がARKのマイニングを行い取引承認を行い、ブロックチェーンネットワークの運営をしていきます。ビットコインでは、全てのノードが取引承認に関わることになるので取引量が増えると取引時間が長くなる傾向にあります。

その点、Arkは取引承認者を投票で決めることになるので、効率よく取引の承認を行うことができ取引量が増えたとしても取引の遅延は起こりづらいといえます。

Arkの価格は?

基本的に仮想通貨の価格は、開発進捗の発表やどの会社とパートナーを結んだかなどマーケティング的な要素が大きく影響します。

Arkもその傾向は強いです。

ARKの価格は、2016年のICO(イニシャル・コイン・オファリング)から何回か急上昇と急降下を繰り返しています。

最初の価格上昇は、開発チームがArkのプラットフォームないでJavaを使用可能と発表した時になります。これにより、Java開発者が参加できるようになり投資家の注目を買い価格が上昇しました。

このような価格上昇は、新しい開発言語が追加されるたびに起きています。

Arkの将来性は?

Arkは、公式サイトに達成すべきプロジェクトやその進捗度などが具体的に記載されています。

いくつかの項目に分かれて記されており、個別の進行状況も確認できます。開発状況を確認できて、ゴールから逆算してパーセントで達成度を表示できるというのは、見通しとしては明るいと言っていいでしょう。

まとめ

Arkは非常に信頼できる仮想通貨といっても良いのではないでしょうか。

公式HPで開発進捗は公開されていますし、何より他のブロックチェーンをつなげるSmartBridgeの技術は革新的だと思います。

実用化されれば他の仮想通貨を巻き込んで大きく飛躍するのではないでしょうか。今後も注目すべき仮想通貨の一つになるに違いありません。