異彩を放つ仮想通貨、StrongHandsを紹介!




StrongHandsとは?


今日、日本でも「草コイン」と呼ばれるマイナーな仮想通貨が密かな人気を集めています。

その中でもとりわけコアな人気を集めているのがです。

「握力」を意味する独特の名前とアイコンから「筋肉コイン」として人気のStrongHandsがどのような仮想通貨なのか、今回は紹介していきます。

StrongHandsの特徴
・2種類のコンセンサスアルゴリズムを採用
・PoWとPoSの両方のメリットを享受
・トランザクションは遅い

2種類のコンセンサスアルゴリズムを採用


StrongHandsはBitcoinをもとに開発されたアルトコインであり、Bitcoinの持つ弱点をカバーしています。

Bitcoinの持つ弱点のひとつにPoW(Proof of Works)の有する脆弱性があります。

Bitcoinがコンセンサスアルゴリズムに採用するPoWは「51%攻撃」と呼ばれる攻撃に対し脆弱で、セキュリティに不安を残しています。

しかしStrongHandsはコンセンサスアルゴリズムにPoWとPoS(Proof of Stakes)の2種類を採用することで安全性をより高めました。

51%攻撃とは
51%攻撃とは、悪意を持ったマイナーがネットワーク全体の採掘速度の過半数(51%)を支配することで、不正な取引を行うことです。
採掘速度を支配することでダブルスペンド(二重払い)や正当な取引の拒否、採掘の独占などの不当な利益を得ることができます。
51%攻撃は必要な労力と得られる利益が釣り合わないと考えられていましたが、実際に51%攻撃を受けた事例が報告されています。

PoWとPoSの両方のメリットを享受


StrongHandsはコンセンサスアルゴリズムにPoWとPoSの両方を採用しているため、両方のメリットを享受することができます。

StrongHandsはPoWを採用しているためにマイニングが可能です。

そのうえエコロジーに主眼を置いており、Bitcoinのように大量の電力を必要としません。

またPoSを採用しているために、保有量が多ければ多いほど埋蔵されている仮想通貨から多くの報酬を得ることができます。

マイニングによって保有量を増やすことで、PoSによる報酬量を増やすことができるため、マイニングにより適した仮想通貨だと言えます。

StrongHandsは埋蔵量が19兆コインとアナウンスされています。

これは他の仮想通貨を遥かに凌ぐほどの量です。

トランザクションは遅い


StrongHandsはトランザクションに2分ほどかかります。

StrongHandsのもととなったBitcoinはトランザクションに10分ほどかかるため、改善はされていますが他のアルトコインと比べれば2分と言うのは長い部類に入ります。

トランザクションの遅さはStrongHandsの欠点だと言えるでしょう。

StrongHandsの価格推移と購入方法


StrongHands (SHND) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap
StrongHandsは1万円で1億枚購入できると、かつて言われていました。

その評判通り、価格が急騰することもありましたが概ね低い水準で推移しています。

安いのと、インパクトのあるアイコンから一度買ってはみるものの、すぐに売ってしまう例が多いのではないでしょうか。

他に用途があるわけでもないので現状でStrongHandsに投資する理由は見つかりません。

しかしほんの少しずつ値上がりしています。

ホームページにも情報はほとんどないですがTwitterに公式アカウントがあり、英語でたまに情報を更新しているようです。

ただアイコンのインパクトから「筋肉コイン」としてコアな人気を有しており、DiscordというチャットアプリではStrongHandsのコミュニティも形成されています。

コミュニティの勢いで価格が急騰することもあるので、今後も注意が必要でしょう。

StrongHandsは国内の交換所で取引されていないので、海外の取引所へBitcoinを送金して交換するかBitcoinでDogecoinを購入し、DogecoinでStrongHandsを購入する必要があります。

BitcoinよりはDogecoinのほうが効率よく購入できるようです。

StrongHandsの取引がある主な交換所
・CoinExchange
・Tradesatoshi