仮想通貨Solarisとは




Solarisは2017に登場した比較的新しい仮想通貨です。Solarisの特徴はビットコインなどのメジャーな仮想通貨が持つデメリットをカバーしていることでしょう。Solarisの取引はマスターノードで行われるため分散型取引が可能です。匿名性が高く不正利用される可能性が低いという点も歓迎できます。

Solarisの特徴

SwiftEXによるトランザクション処理の高速化
Zerocoinプロトコルによる匿名性の確保
XEVANがマイニングコストの上昇を抑える

スピーディなトランザクション処理

Solarisが採用しているのはSwiftEXです。SwiftEXの特徴はトランザクション処理がスピーディに行われることです。ビットコインの場合、トランザクション処理に10分程度の時間がかかるため、仮想通貨を実際に現金化するにはかなりの時間がかかってしまいます。その点Solarisならわずか60秒という驚異的なスピードでトランザクション処理が完了するため、取引が瞬時に完了します。

Solarisの別の利点は匿名性の高さです。Solarisが採用するブロックチェーンはZerocoin Protocol(ゼロコインプロトコル)と呼ばれています。ゼロコインプロトコルは他の仮想通貨でも採用されているブロックチェーンです。ビットコインではブロックチェーンに取引がすべて記録されるため、取引の過程が外部から誰でも確認できるようになっています。追跡が可能というのはメリットとデメリットがあり、デメリットとして追跡情報をもとに個人や法人を特定出来てしまうという問題があります。

Solarisが採用するゼロコインプロトコルは第三者による追跡がしにくいプロトコルを採用していることから、匿名性が保たれるだけでなく、個人や団体が特定されるリスクは極めて小さくなります。仮想通貨取引で問題になるのが取引の追跡です。大手の仮想通貨が実現できていないウィークポイントの改善が図られている分、安全性が高いといえるでしょう。

Solarisが実装しているのがXEVANと呼ばれるマイニングです。XEVANはビットコインのようなマイニングコストの増加を抑える働きがあります。マイニングコストが増えてしまうと、手数料に支払うお金が増えてしまうため、結果的に損失が大きくなります。Solarisはマイニングコストが少ないため、手数料による損失を抑えられるといったメリットがあります

SolarisはP2Pを利用したマスターノードにより取引が行われます。マスターノードを利用した仮想通貨は取引がスムーズかつ安全に行われるため導入が進んでいます。Solarisはいち早くマスターノードを採用しているため、スピーディかつ安全、確実な取引ができるのです

Solaris (XLR) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap