所有するだけで増えていく?808Coinの将来性は?




808Coinとは?

所有するだけでマイニングが行われ、年率808%とされて話題になっている仮想通貨が808Coinです。

3つの特徴
  • 808CoinのPosは、8.08日ごとに報酬がもらえる。
  • 808Coinは長期保有を前提として作られた通貨。
  • 808Coinが額面通りに成長できるかは未知数である。

808Coinに果たして将来性があるのか?検証していきます。

808Coinはあの名機の名を残すために作られた仮想通貨


808Coinとは、通貨の名前としては変わった名前です。実はこれ、テクノミュージック好きならば誰もが知っている、ローランドのTR-808から取った名前なのです。

TR-808とは?
ローランドが1980年に発売したリズムマシン。名機として高く評価されている。
ローランド・TR-808 – Wikipedia

TR-808の登場以前の電子パーカッションは、プリセットされたリズムパターンを自動演奏するだけのもので、リズムボックスと呼ばれていました。しかし、TR-808はユーザーがプログラミングして自由に演奏できる機能を搭載し、リズムマシンと言われるようになりました。

さらに、TR-808はキックスネアやハイハットなどのドラム音を極限まで再現することを目指していた、まさにリズムマシンの名機と呼べるものです。

そんなTR-808の名を残すことを目的としている808Coinですから、音楽好きから非常に支持され、コミュニティも活発です。

808Coinは勝手に増えていく


808Coinが注目されたもう一つの理由は、Posシステムにより、所有しているだけでどんどん増えていくということ。

Bitcoinなどに採用されているPoWシステムは、全てのブロックを検証しなければマイニングができませんが、Posは保有している通貨の量に応じてマイニングが行われ、通貨が与えられます。

808Coinは、専用ウォレットに入れてアクティブにしておくだけで、8.08日ごとにマイニングが行われ、保有している808Coinの量に応じて新しい808Coinが与えられます。公式HPによると、その年率は808%というのですから驚きです。

このような仕組みの場合、インフレが起こって通貨の価値が下落しそうなものですが、現状、注目を集めて購入者が増えているためか、大きな値崩れは起こっていません。

しかし、公式HPにはホワイトペーパーもロードマップもなく、マイルストーンもわからないため、今後の運営側の動きに注目する必要があります。

808Coinに対して、将来的に何らかのマイルストーンが示され、それが支持を集めた時には大きく価値をあげるでしょうし、逆の場合は価値を無くす可能性を秘めていると言えるでしょう。

808Coinはこれからどう発展するか?


価格の高騰や下落を何度か繰り返している808Coin。しかし、今年の価格は2018年1月と現在を比べても数倍はあります。

Posシステムの利用者にとっては、保有しているだけで通貨がもらえて魅力的な仮想通貨です。現在は購入者も多く需要と供給のバランスは保たれているように見えますが、これが今後崩れてしまわないかは危惧すべき点だといえますので、公式HPや公式Twitterをこまめにチェックして動向を確認することをおすすめします。

名前の由来である「TR-808」からも伺えるように、音楽と深いつながりがあることがわかります。しかし、音楽業界にどのような貢献をすることを望んでいるのかなどの目標も確認出来ません。業界に特化した仮想通貨は多々あるので、そのような使われ方としての需要も今後あるのかもしれません。