ロシアの人におすすめの仮想通貨・RussiaCoin




RussiaCoinとは?

RussiaCoinとは、ロシアで仮想通貨を運用している投資家に向けて作られた仮想通貨です。GDRを利用出来たり、ハイブリッドコインである点などが主な特徴です。

RussiaCoinの3つの特徴
  • GDRを利用できる仮想通貨
  • ハイブリッド通貨としての特性も
  • プライバシーに配慮された仮想通貨

RussiaCoinとはどのような仮想通貨

RussiaCoinはロシアでアルトコインを使って運用している投資家向けの仮想通貨として開発されたものですが、そのほかの世界中のすべての投資家が購入することができます。RussiaCoinという名称がついていますが、国家で作成している仮想通貨ではありません。

ロシアは今までに歴史上さまざまな変化を見せてきました。ロシア帝国から1922年にはソビエト連邦が誕生し、1991年には自由化の影響を受けてソ連が崩壊し、現在のロシアが生まれました。このようなロシアの今までの歴史を踏まえて、RussiaCoinは開発されました。

RussiaCoinの特徴として、GDRを利用できる仮想通貨として開発された点に注目してみましょう。GDRとは再調整アルゴリズムのことで、こちらを利用した最初のコインとして評価されています。

RussiaCoinのコンセンサスアルゴリズムについて

ロシアは今までに歴史上さまざまな変化を見せてきました。ロシア帝国から1922年にはソビエト連邦が誕生し、1991年には自由化の影響を受けてソ連が崩壊し、現在のロシアが生まれました。このようなロシアの今までの歴史を踏まえて、RussiaCoinは開発されました。

RussiaCoinのコンセンサスアルゴリズムを見ると、PoWとPoSの両方を採用しています。いわばハイブリッドコインです。まずはPoWをベースにして、RussiaCoinのプラットフォームの安定性が担保されたところで次のステージとして、PoSが起動する仕組みになっています。PoWだけのアルゴリズムの場合、どうしても報酬の分配に偏りがみられがちです。しかしPoSの要素も取り入れることで、より平等にコイン保有者に報酬が渡るように配慮されています。

匿名性の担保された仮想通貨

ほかの仮想通貨同様、支払いなどのトランザクションはブロックチェーンによって情報が公開されています。誰もが原則自由にその情報を確認できるので、不正や改ざんを行ってもすぐにわかってしまいます。ですからきわめて透明性の高い仮想通貨といえます。

一方でトランザクションをした際の送受信者や取引された金額については、すべて非公開となっています。匿名性がきちんと担保されていて、ユーザーのプライバシーにもしっかり配慮されているのです。法人で取引をする際には、このような金銭の流れが公開されるのは何かと不都合かもしれませんが、その部分が公開されないのなら安心して取引することができます。ビジネスシーンで広く用いられれば、今後さらに活発に取引される可能性も考えられます。

RussiaCoinの将来性

RussiaCoin (RC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2016年です。取引開始後に多くな値動きもなく、2017年後半までは目立った値動きなく低価格のまま推移をしていました。仮想通貨全体の盛り上がりを見せた2017年後半から徐々に値を上げ、2018年初頭には一気に価格が高騰しました。その際に最高値を記録しています。

公式サイトの情報は乏しいものの、ロードマップなどの記載があるので参考にしてみるとよいでしょう。最新情報はTwitterが入手しやすいです。

RussiaCoinの主な取引所