LiteBitcoinはBitcoinに代わることが出来るのか?




LiteBitcoinはBitcoinより優れているか?

仮想通貨の元祖であるBitcoinには、多数の派生コインが存在します。LiteBitcoinもそのうちの1つです。果たして、LiteBitcoinはBitcoinより優れているのか?Bitcoinにとって代わる存在になることができるのか?考察していきます。

3つのポイント
  • BitcoinユーザーにはBitcoinに対する速度などの不満が蔓延している
  • LiteBitcoinはP2Pネットワークで即座に送金できる
  • LiteBitcoinは新しい技術で、タイムワープなどの不正を予防している

LiteBitcoinとは?

Bitcoinから派生した仮想通貨で、2017年に取引が開始されました。実験的な試みも多く、送金スピードの速さを売りにしており支払いに適した仮想通貨です。2019年以降のロードマップは更新されていませんが、2018年まではデザイン面の刷新やマーケティング活動などに注力してきました。

Bitcoinユーザーに蔓延するBitcoinに対する不満とは?

中央集権的な国家に寄らず、ユーザーの管理により価値を担保するというブロックチェーン技術を用いることで、多くの指示を集めて爆発的に価値を高めたのが元祖仮想通貨であるBitcoinです。

しかし、取引量が増えることで、Bitcoinの不便な面が顕在化してきました。ブロックチェーンの生成スピードが遅く、送金などの取引に時間がかかるということ。ブロックが増えるにつれ、マイニングに膨大なパワーが必要になり、強大な力を持つマイナーが報酬を独占し始めたということ。さらに、マイニングに必要な時間をごまかすタイムワープエクスプロイトという不正も発生するようになりました。

このような不満点を改善するという名目で、Bitcoinからは多くの派生コインが誕生しています。そんな中で生まれたのがLiteBitcoinです。

LiteBitcoinに採用された新技術とは?

LiteBitcoinとは、正しくは通貨の名前ではありません。P2P技術を用いて中央集権的ではない送金ネットワークを作るためのプラットフォームの名前です。そこでやりとりされるトークンがLBTCであり、これが仮想通貨として取引されます。

LiteBitcoinは、ブロック生成時間を5分と、Bitcoinの半分にし、さらに専用のネットワークやウォレットを作ることで世界中のどこにいても素早い送金などの取引が行えるようになります

さらに、LiteBitcoinは暗号化アルゴリズムにDark Gravity Waveを採用しました。Dark Gravity Waveは、ブロックごとに暗号化の難易度を変動させます。その上で、ブロック生成の時間は一定を保つという技術です。これによって、タイムワープは不可能になりました。

これら、新技術を多数導入したLiteBitcoinですが、実験的な側面が強く、また開発メンバーが匿名で謎に包まれているため、信頼して取引ができるようになるのはまだ先の話でしょう。

LiteBitcoinの将来性

LiteBitcoin (LBTC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始後は大きく値をつけましたが、数ヶ月かけて下降傾向へと転じました。仮想通貨全体の盛り上がりと共に2018年初頭には最高値を記録しています。その後、再度下降していき、現在は低価格のままほとんど値動きがありません。

Bitcoinの弱点を克服した仮想通貨は、派生コインだけでなく多くの仮想通貨で見られます。LiteBitcoinが今後頭角を表していけるかどうか、今後の動向に注目です。

LiteBitcoinの主な取引所