Nasdaqなど大手企業がブロックチェーンのスタートアップ企業「Symbiont」に出資




 

ニューヨークに本拠を構えるブロックチェーン技術のスタートアップ企業「Symbiont」は、2019年1月、Nasdaqの主導によるシリーズB投資ラウンドにおいて約2000万ドルの資金調達に成功しました。投資ラウンドを主導したNasdaqは、仮想通貨市場に本格的に参入する構えです。

Symbiontの資金調達について

・金融機関にとっての有用性が期待される
・Nasdaqのフレームワークに組み込まれる予定
・金融業界の有力企業がブロックチェーンのスタートアップ企業に出資したことのインパクト

金融機関にとっての有用性が期待される

Nasdaqはスタートアップ企業向けの世界最大規模の株式市場です。革新的な技術を持つ新しい企業への投資に積極的で、Symbiontについても、同社のブロックチェーンプラットフォームの「Assembly」から開発される分散型アプリケーションが大きな利益を生むと判断されました。スマートコントラクトを駆使するブロックチェーンベースの「Assembly」は、金融機関においてデータの検証や共有に役立つと期待されています。

Nasdaqのフレームワークに組み込まれる予定

Symbiontの資金調達には、NasdaqのほかにもGalaxy Digital、Raptor Group、City Venturesが参加しています。同社の技術はブロックチェーン技術を取引処理に応用したもので、Nasdaqの金融フレームワークに統合されて、スマートコントラクトの枠組みに組み込まれる予定です。Symbiontのプラットフォームは、投機的な側面の強い仮想通貨やICOに比べ、より高度な技術を駆使したものとして、Nasdaqは高く評価しています。

金融業界の有力企業がブロックチェーンのスタートアップ企業に出資したことのインパクト

今回のSymbiontとの提携について、NasdaqのAdena Friedman CEOは、将来の仮想通貨取引所の開設に関連したものと述べています。同社との連携により、規制に則った枠組みが構築できるとの期待です。Nasdaqなどウォールストリートの有力企業がブロックチェーン会社に出資したことは、金融業界にとっても大きなニュースになっています。ウォールストリートでは、理論や技術の高度さよりもいかに有用かといった実用主義的な見方が強いのにもかかわらず、ブロックチェーン技術に出資したことは注目に値するでしょう。今回のことで、Nasdaqの仮想通貨市場への本格参入が近づきました。