Moinは韓国の金融市場に革命を起こすのか?




Moinとは?

Moinは2018年時点で時価総額5000万円強の仮想通貨です。韓国生まれですか、波乱の歴史を持っています。

Moinの3つの特徴
  • Moinは、韓国のベンチャーが開発した仮想通貨。
  • Moinは、海外送金を簡便化する技術や、安全を担保する技術を持っている。
  • 2018年現在はサービスを中断しているが、再開に向けて動き出した。

一体、Moinとはどんな仮想通貨なのでしょうか?調べてみました。

Moinは韓国の若者が作った仮想通貨


法定通貨の場合、システムや法規制が違う海外へ送金する場合には、複雑な手続きなどが必要になり時間や手数料がたくさん必要になります。仮想通貨は、ある意味その煩わしさを解消するために誕生しました。国に寄らないので、外国への送金手続きも簡単に済みます。さらに、ネット上で取引が完結するので、決済がスピーディーです。

そんな仮想通貨のメリットをさらに突き詰めたのが、韓国生まれのMoinだと言えるでしょう。

Moinは、韓国の若者達が立ち上げたベンチャーが開発した通貨です。彼らは「デザインとテクノロジーを熱狂的に愛する人々」と自称しています。

そんな彼らが立ち上げたMoinは、韓国の銀行圏青年創業財団や、アメリカの投資家などからの資金援助を受け、7億ウォン(6,400万円)の資金調達に成功したと話題になりました。

Moinは、従来のブロックチェーン技術を応用しているにもかかわらず、一回の本人認証だけで、日本や中国への送金を可能にするテクノロジーとして話題になりました。では、どのような技術を使っているのでしょうか。

Moinを支える画期的な技術


Moinはそのウォレットに技術的な特徴があります。ウォレット自体が人間が読み取り可能な秘密鍵であるニーモニックフレーズによって記述されるため、ハッキングなどを受けて損傷した場合にもユーザーによる復元が可能です。

さらに、コンセンサスアルゴリズムにはPoS3.0を利用していて、ウォレットが稼働状態にあるだけでネットワークのセキュリティに貢献することになります。それによって報酬を得ることができるので、まるで利子を受け取るように資産を増やしていけます。

さらにチャットを暗号化したり、送金の秘匿性を高めるためのShadowSendという技術を採用したり、特にセキュリティに気を使っているのがMoinの特徴です。

ShadowSendとは?
Shadowsendは、ユーザーがMOINプラットフォームを使用して非公開で送金できる機能です。 MOINはプライバシーを権利であり、特権ではないとみなしています。 shadowsendシステムは、多くのデジタルや送金や送金の際に保護されていることを保証します。(原文訳)
What is Moin? Cryptostec

しかし、2017年7月の法律改正によって、Moinはサービスを提供することができなくなりました。現在は、新しい法制度の元、活動再開できるように申請している最中だと言います。

Moinの将来性は?


Moin (MOIN) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始時はあまり目立った値動きはありませんが、2017年以降は高騰し一時は取引開始時の数千倍にも膨らみました。

革新的な仮想通貨を目指すMoin。Bitcoinなどで見られる諸問題を解決する動きが活発で、今後更に技術革新を進め便利な仮想通貨として成長していくことが見込まれます。海外送金は、日本や中国をはじめ東南アジアなどへの展開も見込んでいて、その分野でのシェア獲得に注目が集まります。

仮想通貨の面倒な部分を克服する通貨として、今後の動向に注目です。

Moinを扱っている取引所
  • Livecoin
  • Cryptopia
  • C-CEX
  • CoinExchange