ファーイースタン航空(FAT) 航空会社はどんな航空会社?




1.台湾の航空会社・ファーイースタン航空(FAT)航空会社

ファーイースタン航空(FAT)航空会社は、台湾で誕生した航空会社です。台湾では親しまれている航空会社の1つです。そんなファーイースタン航空(FAT)航空会社は、フアフ・エンタープライズ・ホールディングスリミテッドと提携して、航空業界初の仮想通貨であるALLNを導入しました。つまり、ファーイースタン航空(FAT)航空会社を利用する方であれば、ALLNの利用が可能なのです。

・ファーイースタン航空(FAT)航空会社の経営危機
・航空業界初のALLNを導入
・ALLNの利用が可能

2. ファーイースタン航空(FAT)航空会社の経営危機

ファーイースタン航空(FAT)航空会社は、1957年に台湾で創業してから、1962年に定期民間航空事業に参入しました。その後、台湾国内線だけではなく、パラオや日本の新潟など中距離の国際線の運航も開始しました。途中、経営の危機もありました。それが、2008年に急速に経営が悪化です。その理由は、台湾高速鉄道が開業したことと、世界的な原油価格の高騰でした。このダブルパンチによってファーイースタン航空(FAT)航空会社は一時、運航停止にまで追い込まれました。様々な努力によって、2011年に運航再開をし、設立から61年を超えています。

3.航空業界初のALLNを導入

2018年、ファーイースタン航空(FAT)航空会社は航空業界初の仮想通貨であるALLNを導入したことによって、世界的にも注目を浴びました。これまで、ブロックチェーン技術を航空業界に採用することはありませんでしたが、これによって、さらなる仮想通貨の流通が期待されることや、決済がスマートになります。そのため、航空業界での仮想通貨の流通が上手くいくのか、世界的に注視されています。

4.ALLNの利用が可能

ファーイースタン航空(FAT)航空会社はフアフ・エンタープライズ・ホールディングスリミテッドと戦略的な提携をしたことによって、ファーイースタン航空(FAT)航空会社を利用する顧客はALLNの利用が可能になりました。それによって、仮想通貨を利用する人の裾野が広げられるとも期待されています。ALLNは航空券だけではなく、機内で購入できる商品にも利用できます。今後は、その他のものについても利用ができるようにする計画もあるので、ファーイースタン航空(FAT)航空会社を利用している方は必見です。