HempCoinの特徴や現在価格について解説




HempCoinの概要

HempCoinとは仮想通貨として最も高い認知度を誇る通貨でもある、あのビットコインから派生して開発された仮想通貨です。

この通貨が開発されたのはここ数年のことですが、世界的に議論を呼んでいる大麻の公正な流通を実現させることを目的としています。

2018年現在の価格は、1枚あたり約3円で時価総額は約7億5千万円です。ランキングでは405位と比較的上位に位置する仮想通貨となっています。

HempCoinの特徴

・既に長い歴史があるが、将来性もある仮想通貨である
・大麻だけでなく、農業の流通にも関わっている
・ビットコインから派生している仮想通貨である

既に長い歴史があるが、将来性もある仮想通貨である

HempCoinが開発され公開されたのは2014年のことで、仮想通貨の中では比較的長い歴史があります。

このHempCoinのように長い歴史がある仮想通貨の中には既にプロジェクトが失敗してしまったものも多くあったり、存在していてもその機能を十分に果たしておらず将来性のないものもあるのです。

しかしこのHempCoinは、2014年に登場してから2018年現在になってもなお、世界で機能し続けている数少ない長い実績のある仮想通貨なのです。

しかも、現在議論がされている大麻の合法化が決定すれば、HempCoinという仮想通貨の需要が大きくなり、それによって今後さらにその価格を大きく伸ばすことになるという将来性も秘めているのです。

大麻だけでなく、農業の流通にも関わっている

HempCoinは大麻の流通を実現させることを主な目的としていますが、実は目的はそれだけではありません。

このHempCoinはなんと大麻以外の農業の貿易などでもスムーズに取引が出来るようにさせることも目的としている通貨なのです。他にも大麻に関わる仮想通貨はありますが、このように他の農業などにも関わっているものは少ないので、これもまた特徴の1つだと言えます。

ビットコインから派生している仮想通貨である

HempCoin (THC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

HempCoinはビットコインから派生して開発されたという特徴も持っています。

そして、今後もハードフォークやホワイトペーパーなどが新しくなる予定が発表されています。

このように、HempCoinには様々な潜在的な良さを多く持っているため、やはり将来的にも農業の流通に関連する分野では大きな可能性を秘めている仮想通貨だと言えるでしょう。