Nexusとは?詳しく解説!




という仮想通貨を知っていますか?

Nexusは近年急速に注目を集めている仮想通貨の一つです。Nexusは画期的なプロジェクトの一つであり、これから仮想通貨以外の分野にも進出することが期待されています。

以下で詳しく説明していきます!

Nexusの特徴
  • 中央集権型からの脱却を目指す
  • セキュリティーが万全
  • 航空宇宙産業と提携

中央集権型からの脱却を目指す

通貨の種類には中央集権型分権型があります。

中央集権型とは、その名の通り中央に管理する者がいるシステムのことです。ドルや円といった法定通貨は、政府が通貨の発行や流通量の調節などを行っているため中央集権型といえます。

一方のNexusは、取引の管理をP2Pとブロックチェーンによって行い、分権型を確立しています。

P2Pとは

サーバーとユーザーという区分を取り払い、各個人が対等な関係で情報の送受信や中継を行うということ

そしてブロックチェーンは、仮想通貨のユーザーの中で任意のコンピューターが取引の承認を行うため、取引の正当性が確保されています。

仮想通貨の中ではビットコインが有名ですが、ビットコインのマイニングがP2Pを利用して、特定の中央管理者が不在でも、取引を管理できるような仕組みになっています。

しかし、マイニングは高度な技術と設備が必要となるため、世界の大企業などが高性能のコンピュータを持った一部の人や団体が行っていることがほとんどです。約7割が中国の企業によって行われている寡占状態とも言われています。

それに対しNexusは、Nexus Proof of Stake、Hash、Primeという三つのチャンネルを持ち、それぞれでマイニングの方法が異なるため、個人でも比較的簡単にマイニングに参加できるというメリットがあります。

このようにNexusは、分権型を確立するとともに、分権型の中でもビットコインのように承認者が一部の人に偏らないよう、分権型が拡散することを目指しています。

法定通貨ビットコインNexus
中央集権型分権型。但しマイナーは一部企業の寡占状態分権型。マイナーも分散

セキュリティーが万全

Nexusの大きな特徴の一つが万全のセキュリティです。仮想通貨が盗難にあうということもよく耳にするようになった昨今、仮想通貨のセキュリティは多くの投資家が注目してきました。

Nexusはビットコインよりもはるかに安全性の高いカギを用いていることに加え、信頼キーのチェックも厳重に行われているため世界で最も安全な仮想通貨ともいわれています。

ちなみにビットコインとNexusの機能の精度の違いは、 Hash (256 bit)に対してNexus Hash (1024 bit)、 Private Keys (256 bit)に対してNexus Private Keys (571 bit)となっています。

明らかにNexus(ネクサス/NXS)のほうが優れているのです。

なおHashとPrivate Keysは、それぞれセキュリティの強固さ・暗号化の複雑さの指標で、bitの前の数字が大きいほど安全であることを示しています。

 ビットコインNexus
Hash256bit1,024bit
Private Keys256bit571bit

航空宇宙産業と提携!

Nexusは、通信基盤の構築を図るために航空宇宙産業と連携することに力を注いでいます。

Nexusの最終的な目標は「Nexus Earth」と呼ぶ独自のネットワークを構築し、誰もが平等に利用できるプラットフォームとなることです。

そのためにNexusは分散による取引の迅速さとセキュリティの強化を推し進めています。

仮想通貨はインターネットで取引が行われるため、通信技術を管理する各国政府の影響を受けます。そこでNexusは人工衛星を利用した通信基盤の構築を図っています。

Nexusは自らの発展だけではなく、航空宇宙産業の活発化にも一役買っているのです。Nexusのプロジェクトは手堅く順調に進んでいると思われいます。

まとめ

Nexusは今後、人工衛星の打ち上げなどに深くかかわることが予想され、将来性の高い仮想通貨の一つと言われています。

これから仮想通貨を購入しようとしている方は、Nexusを候補にしてみるのはいかがでしょうか。