crypviser dAppsってどんなもの?




crypviser dAppsにはどんな特徴があるか

crypviser dAppsは、ソーシャルネットワークサービス系のdAppsです。dAppsというと、仮想通貨を思い出す方もいるでしょうが、crypviser dAppsはどちらかといえばコミュニケーションネットワークとしての側面が強いです。そんなcrypviser dAppsには、4つの特徴があります。

crypviser dAppsの4つの特徴
・ユーザー認証システムはすべてブロックチェーン上で管理
・低コストのセキュリティーシステム
・デバイスのマルチ化
・他のデバイス同士の安全な同期

dAppsなので、仮想通貨の持っているセキュリティーネットワークと同じようなセキュリティーを持っているため、安全性の高いコミュニケーションツールとして注目されています。チャットや通話はもちろんのこと、ビデオ通話など通信を目的としたデータのやりとりにおいて、高い安全が確保されているのです。

ユーザー認証システムはすべてブロックチェーン上で管理

一般的な通信ツールの場合、ユーザー認証システムは管理者の元で管理されています。そのため、管理者には通信した内容が閲覧できるようになっていしますし、管理者が不届き者であった場合、盗聴やデータの改ざんが可能なのです。さらに、管理者が不届き者でなくても、安全管理の不徹底によって、データ流出の危険すらあります。しかし、crypviser dAppsはユーザー認証システムをブロックチェーンで管理しているので、それらの危険がありません。

低コストのセキュリティーシステム

crypviser dAppsを使った人同士のやりとりは、すべてcrypviser dAppsのブロックチェーンに記録されます。ブロックチェーンで安全管理をすることは、そんなにコストのかかることではありません。従来、ブロックチェーンほどのセキュリティーシステムを導入しようとすると、膨大なコストがかかりました。しかし、crypviser dAppsを利用することで、そのコストを抑えられるのです。

デバイスのマルチ化

crypviser dAppsは様々なデバイスに対応しています。パソコンでも使えますし、スマートフォンでも使えるのです。つまり、インターネットにつながるようなデバイスであれば、マルチ的に対応可能なので、いつでもどこでも使えるdAppsなのです。

他のデバイス同士の安全な同期

いつでもどこでも様々なデバイスで使えるということは、デバイス同士の同期が安全になされなければなりません。crypviser dAppsはブロックチェーンを利用していることによって、それを可能にしています。