qbaoってどんなもの?Wallet機能は?




qbaoの特徴

qbaoは中国で開発された仮想通貨の一種です。これから大化けするかもしれないと言われている仮想通貨なので、注目している方も多くいます。そんなqbaoには、4つの特徴があります。

qbaoの4つの特徴

・Walletとしての機能
・チャットとしての機能
・仮想通貨取引所としての役割
・DAPP Storeの搭載

1.Walletとしての機能

qbaoにはWallet機能があります。仮想通貨として運営するためには、この機能が必要になります。なので、qbaoにもWallet機能があります。仮想通貨取引所で購入した仮想通貨をqbaoに移動させることで、その仮想通貨を安全に管理できます。

現在、約20種類のトークン交換を対応しています。今後もさらに対応できるトークンを増やしていく可能性があるので、その動向は注目です。

2.チャットとしての機能

そもそもqbaoで充実させたい機能は、このチャット機能にあるといわれています。中国では、日本でいうLINEのような存在として、WeChatがあります。このWeChatのような存在になれるように、今後qbaoに暗号化されたチャット機能を実装する予定です。しかも、このqbaoでのチャット機能の優れているところは、暗号化されているところです。

日本で多く利用されているLINEですが、実はこれは個人的なやりとりもすべて、管理会社が閲覧できる状態にあります。しかし、qbaoではやりとりしたメッセージの内容も管理会社では閲覧できないように暗号化されているので、本当に誰にも知られたくないやりとりができるのです。

3.仮想通貨取引所としての役割

qbaoは今後、仮想通貨取引所としての機能を有する予定です。つまり、様々な仮想通貨を使っての支払いや決済ができるようにするということです。現在、QTUM系のトークンのみ交換できるような形となっていますが、分散型のアプリケーションにすることによって、様々な通貨の取り扱いを可能にすることを目標にしています。

4.DAPP Storeの搭載

将来的にqbao上にDAPP Storeを実装する計画があります。これによって、分散型アプリケーションの利用が簡単になります。つまり、qbaoを利用しやすくなるということです。

qbaoで発行されている仮想通貨の単位は、「QBT」です。なので、qbaoの仮想通貨が気になった場合には、QBTをチェックする必要があります。このQBTを手に入れるためには、仮想通貨取引所で取引を行わなければなりません。QBTを取り扱っている仮想通貨取引所は、EXX.comです。