ビットコインのブロックチェーン上にあるOmni




Omniとは?

Omniとは、ビットコインのブロックチェーンで構築されている仮想通貨で、世界初のクラウドセールを行った仮想通貨としても有名です。通貨単位は「」です。

Omniの3つの特徴
  • ビットコインのブロックチェーンで構築されているシステム
  • 世界初のクラウドセールを行った仮想通貨
  • 価格変動に強いアルトコインとして注目度が高い

ビットコインのブロックチェーンを利用してプラットフォームが作られている

Omniは2013年に発行されましたが、その時はマスターコインという名称で誕生しています。その後2015年に、現在のOmniとして名前が変えられて現在に至っています。

このOmniの技術的な特徴としては、ビットコインのブロックチェーンの中でプラットフォームが構築されているという点です。そのため、基本的なコンセプトや性能はビットコインにかなり近いものがあります。

また、世界的に流通し使用されているブロックチェーンであるため、安定性や安全性があるという特徴も持っています。現在ビットコインのブロックチェーンを使用した仮想通貨は3つが主要なものとなっていますが、その中でも最も時価総額や知名度の点で高いのがこのOmniです。

ビットコインのブロックチェーンを使用した仮想通貨

クラウドセールの先駆けとなった仮想通貨

仮想通貨ブロックチェーンを用いたクラウドセールは現在ではかなりメジャーなものとなっていますが、実はこのOmniが世界で初めて実施したものなのです。

ビットコインのブロックチェーンを用いて、ビットコインの取引データに追加の情報を書き込むという方法で、Omniの取引を乗せていきます。より効率よく取引ができて、システムが安定しているというメリットを持っています。こうしたシステムを使っていますので、トランザクションの際にはごく少額のBTCとOmniが必要になってきます。

マーケットが全体的に大きく変動するときでも安定した価値を示すアルトコイン

仮想通貨は、全体として同じ動きを見せることが多い傾向にあります。つまり、ビットコインの価値が下がるとそれに引っ張られるようにアルトコインも下がるという感じです。そして、メジャーなアルトコインが下がると、一気に他の下位アルトコインも値を下げるようになります。

しかし、このOmniは安定して独立した動きを見せるという特徴があり、他のアルトコインが一時的に暴落してもOmniはあまり動きを見せないことがあります。それだけ安定した資産としての価値を持っていると言えるでしょう。

仮想通貨に投資したいものの、不安定な投資をするのは心配という人にはぴったりの仮想通貨となっています。投資面でも魅力的なコインであるというのが特徴の一つです。

Omniの将来性

Omni (OMNI) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2013年と歴史の長い仮想通貨です。取引開始後は大きく値を上げましたが、その後下降を続け数年は大きな変動もなく推移していました。2017年には仮想通貨全体の盛り上がりと共に値上がりをします。現在も比較的高値で取引がされています。

かつてビットコインのブロックチェーン上に構築されたソフトウェアは珍しく、カスタム通貨を作成出来るなど仮想通貨の中では唯一の存在でした。しかし、昨今たくさんの仮想通貨が発表になり、ビットコインの弱点を克服する仮想通貨などが多く出回るようになりました。その中で、Omniが生き残れるのかは今後の課題ではないでしょうか。

Omniの主な取引所