他の仮想通貨のフォーマットとなる仮想通貨ERC20




ERC20とは何か?


仮想通貨を調べていると「ERC20」という言葉に当たることがあります。

ERC20は正式名称を Request for Comments:Token Standard #20」と言う、Ethreumプラットフォーム上のトークンのひとつであり、仮想通貨開発におけるフォーマットとなるべく開発されました。

ERC20が登場する以前の仮想通貨はスタートアップごとに異なるプログラミング言語などで開発していたため、通貨ごとに購入者が対応する必要がありました。

例えばBitcoinとEthreumを購入するときには2つを同じウォレットに保管することができず、購入者は個別にウォレットを用意する必要があります。

またICOへ参加する人はそのトークンが安全に売買できるものか確かめる手段がないため、参加に躊躇することもありました。

ERC20は何ができる?


ERC20はERC20 Indexというデータを管理するために使われるほか、開発者に3つのオプションと6つの必須項目を提供します。

ERC20 IndexはERC20を利用する仮想通貨のうちから毎週人気トップ20を選び、仮想通貨の購入者のウォレットへ送ります。

購入者へ仮想通貨を送る中でデータを集め、仮想通貨を広告することができます。

他にもERC20を利用した仮想通貨は、他のERC20を利用した仮想通貨のデータを参照することでどのようなパフォーマンスをするのか予想することが可能です。

さらに同じERC20を利用した仮想通貨は同じウォレットで管理することができ、非中央集権アプリケーションの利用が促進されます。

ERC20が導入されることで汎用性の高い仮想通貨が増え、購入者は余計な手間やリスクを負うことなく仮想通貨を購入できるようになるのです。

ERC20は仮想通貨の開発者にとっても有益な点があります。

開発者はERC20を採用することで最初から仮想通貨のフォーマットを与えられることになります。

プログラムやプラットフォーム、ウォレットをゼロベースで開発する必要がなくなるため開発にかかる時間やコストを削減することができ、より手軽にトークンを作成しICOを実施することができるようになります。

ERC20を使って仮想通貨を開発することで開発者の負担が軽減され、仮想通貨開発への参入障壁が低くなるのです。

ERC20の価格推移と購入方法


ERC20 (ERC20) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap
ERC20はICO以後価格も大きく変化することなく推移しています。

しかしERC20で注目すべきは、やはり仮想通貨のフォーマットとして広く浸透した点にあります。

ERC20はトークンを無限生成できるバグが発見されたり、送金アドレスを間違えると絶対に戻ってこないようになっているなど、欠点のないトークンではあります。

ですがERC20以後もEthreumでトークンが開発される中であっても、新しく開発された仮想通貨の中にはERC20を採用するものは少なくありません。

それだけ基本の設計思想が優れているということです。

新しくトークンもERC20との後方互換性を有しているものが多く、今後もERC20の輪は広がっていくことでしょう。

ERC20の開発チームはTwitter、Facebookでそれぞれ情報発信をしているのでチェックしてみるとよいでしょう。

ERC20を購入するには海外の取引所で口座を作る必要があります。

国内の取引所でBitcoinやEthreumを購入して送金し、交換してください。

ERC20を購入できる主な取引所
・Bytex
・BITBOX
・Mercatox
・Kuna Exchange
・ForkDelta