DAppsゲームの『My Crypto Heroes』を開発するdouble jump.tokyo




 

double jump.tokyo株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:上野広伸)は、ブロックチェーン技術を使った分散型アプリケーション(DApps)ゲームの開発会社です。2018年12月、ブロックチェーンゲーム業界で初めてテレビCMを放送したことで話題を集めました。

double jump.tokyo株式会社と『My Heroes』について

・ブロックチェーンゲーム専業のスタートアップ企業
・開始後すぐに世界一の取引量を記録
・正式リリースに当たりテレビCMの放映が決定

ブロックチェーンゲーム専業のスタートアップ企業

double jump.tokyoは、ブロックチェーン技術を用いたゲームの企画、開発、運営を専業とする世界でも珍しい存在です。そんなdouble jump.tokyoが、2018年11月30日にDAppsゲームの『My Crypto Heroes』(以下、『マイクリ』)のリリースを開始しました。『マイクリ』はPCやスマホ用のRPGで、歴史上の英雄を育成し、バトルを勝ち抜いていくというストーリーです。多彩な登場人物とアイテムを組み合わせて最強チームを編成し、Crypto Worldの頂点を目指します。

開始後すぐに世界一の取引量を記録

『マイクリ』は、2018年9月からゲームアセットのプレセールが開始され、開始からわずか24時間でDAppsゲームとして世界一の取引量を達成しました。10日間のプレセールでゲームアセットはほぼ完売し、694ETHという当初の想定を上回る売上を上げたことも知られています。また、同月にはバトルβテストが開始され、ここでもデイリーアクティブユーザー数の世界一を達成するなど大きな話題を集めました。ただ、予想以上にアクセスが集中したことで、トランザクションが滞るなどの問題も発生しました。そこで、同社は現状のブロックチェーン技術に応じたシステムに最適化し、テスト時の100倍以上のアクセスにも耐えられるシステムを構築します。ユーザーの意見を参考にさまざまな機能をグレードアップし、2018年11月30日に正式リリースとなりました。

正式リリースに当たりテレビCMの放映が決定

double jump.tokyoは、『マイクリ』の正式リリースに当たって、ブロックチェーンゲーム業界では初めてのテレビCMの放映を決定しました。2018年12月31日から地上波やAbemaTVで順次、放映され、関連業界では非常に高い関心を集めています。また、CMの放映を記念したキャンペーンも行い、これまでブロックチェーンや仮想通貨に関心のなかった層にも広くアピールしています。