2015年開発の仮想通貨X-Coin




X-Coinとは?

仮想通貨は世界中に1,000以上あるとされますが、そのほとんどは草コインと呼ばれるものです。ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインといいますが、その中でも1単位当たりの価格が1円程度のものを草コインと呼びます。こうした草コインは今は安く購入できますが、将来的に高騰することがあれば非常に大きな利益を得ることができるものです。では草コインの一つであるX-Coinについて、その特徴を見ていきましょう。

X-Coinの3つの特徴
  • X-Coinは超ハイブリッド暗号化通貨
  • X-Coinは2015年に開発された
  • X-Coinの価格は1円前後

X-Coinは超ハイブリッド暗号化通貨

X-Coinの大きな特徴は超ハイブリッド暗号化通貨であるということでしょう。多くの場合仮想通貨はビットコインの特徴を引き継いでいるか、イーサリアムなどのアルトコインの特徴を持っているものです。ビットコインから派生した仮想通貨としてはビットコインキャッシュなどが挙げられます。ビットコインの欠点を補ったものであったり、アルトコインの長所を伸ばしたものであったりといろいろな仮想通貨があります。

しかしX-Coinはビットコインとアルトコインの両方の特徴を引き継いでいる仮想通貨であるため超ハイブリッド暗号化通貨と呼ばれているのです。それぞれの長所を引き継いでより使いやすく投資家にメリットのある仮想通貨となっています。

X-Coinは2015年に開発された

X-Coinの歴史は浅く、2015年に開発された仮想通貨です。

ビットコインなど代表的な仮想通貨の歴史は古く、当時は最先端のプログラムだったものも時がたつにつれて古くなってしまうことも珍しくありません。その点でX-Coinは最近開発されているので、今後しばらくは最新のシステムと呼ばれるものを導入していく可能性が高くなります。もちろん随時アップデートされていくことも期待できるでしょう。

X-Coinの価格は1円前後

X-Coinは今のところ価格が高騰することなく、1単位当たりの価格が1円前後となっています。開発されて以来それほど大きな価格変動はありません。

しかし今後さらにX-Coinが認知され、X-Coinの長所が認識されていけば高騰する可能性もあります。ビットコインも最初は数百円程度であったことを考えると、今X-Coinを購入しておいて将来的な高騰に期待するという選択肢もあります。「億り人」になりたいという方は、購入を検討してみても良いかもしれません。

X-Coinの価格推移と将来性

X-Coin (XCO) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2015年です。取引開始後から数年は大きな価格変動もなく推移していましたが、2017年後半から2018年初頭にかけて、仮想通貨全体の盛り上がりとともに価格が高騰しました。2018年1月には最高値を記録しました。現在は下降傾向ではあるものの、取引開始よりも高値で推移している点は評価出来るのではないでしょうか。

X-Coinは、現在公式サイトがあるのでそこで基本的な情報は収集出来ます。しかし、唯一のSNSであるTwitterは、公式サイトからリンクはなく、下記のTwitterアカウントも2016年から更新が止まっており、最新のニュースを手に入れることが困難です。取引の際には、十分注意が必要です。

ビットコインの弱点を克服した仮想通貨はたくさん存在しています。X-Coinが更に成長するためには、それらと差別化した機能やシステムが必要かもしれません。