Musiconomiはアーティストとファンを繋ぐ仮想通貨




Musiconomiとは?


仮想通貨には次世代の決済システムとしてだけではなく、ゲームやオンラインカジノなど特定の分野に特化し、ポイントのように使えるものも増えてきました。

中でもMusiconomiは音楽業界で使用され、業界の抱える問題を解決する手段として注目されています。

今回はそんなMusiconomiを紹介します。

Musiconomiの特徴
・Musicoinのサブコインである
・公正な支払いを保証する

Musicoinのサブコインである


Musiconomiは同じく音楽産業で使われるのサブコインとして開発されました。

Musicoinはアーティストや楽曲の権利を所有する人に確実に収入が入るようなプラットフォームを作りあげています。

一方Musiconomiはトークンを支払うことで楽曲を聴くことができるプラットフォームを提供しています。

Musiconomiのプラットフォームで音楽を聴くことで一定額のトークンが報酬としてアーティストへ支払われます。

また音楽を聴くファンはMusiconomiから宣伝をすることで報酬としてトークンを手に入れることができます。

報酬額は各曲ごとに設定ができ、新鋭のアーティストはファンへの報酬を高くすることで宣伝を積極的にしたり、また既に大物のアーティストは視聴するのに必要なトークンを安価に抑えることでより多く視聴してもらい、収入を増やすこともできます。

Musiconomiはラジオなどで音楽を聴くことができないファンとアーティストを直接つなぐことで音楽業界のあり方を変革することを期待された仮想通貨です。

公正な支払いを保証する


Musiconomiはファンとアーティストを直接つなぐことで、特にインディーズのアーティストに公正な支払いを保証することができます。

従来インディーズのアーティストはレコード会社から正当な支払いを受けることができない場合がありました。

Musiconomiはスマートコントラクトを用いて契約を自動化し、アーティストが確実に報酬を手に入れることができるようにしています。

アーティストとレコード会社が対等な立場で交渉できるようMusiconomiは貢献しています。

Musiconomiの価格推移と購入方法


Musiconomi (MCI) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap
Musicomiは2017年7月にICOを行い、公開直後は高騰しましたがその後は長く下落傾向にあります。

MusiconomiはMusicoinのサブコインであり、Musicoinが注目されればMusiconomiも価格が上昇する可能性があります。

また音楽業界に特化した仮想通貨というのはそれほど多くないため、知名度が上がることでその価格も上がるかもしれません。

Musiconomiの最新情報は公式ページからメールで受け取ることができるほか、TwitterやFacebookでも確認することができます。

興味を持った方はチェックしてみてください。

musiconomiは日本の取引所では購入できないため、海外の取引所へBitcoinを送って交換する必要があります。

musicoinを購入できる主な取引所
・Bytex
・Bitbox
・Cryptopia