エコ活動を推進するEnergycoin




Energycoinとは?

Energycoinとは、2014年に設立されたピアコインのクローンコインです。エコエネルギー使用を目的とした仮想通貨です。

Energycoinの3つの特徴
  • 2014年クローンコインとして誕生したEnergycoin
  • 再生可能エネルギーの発展のために開発された仮想通貨
  • エコを考えた基本システムが採用されている

この記事では、Energycoinの3つの特徴について紹介します。

ピアコインからのクローンコインとして誕生した仮想通貨


Energycoinは2014年に誕生した仮想通貨で、ビットコイン後たくさんの仮想通貨が生まれていった過程で開発されました。

様々な異なる技術的機能や目的を持つ仮想通貨が生まれた時期で、Energycoinも他のコインとは異なる特徴を持っています。元々はピアコインというアルトコインが基盤となっていましたが、コインに新たな目的を与えるためにクローンコインとして分離したのです。

ピアコインとは?
Peercoinは、(プライムコイン)を開発したSunny King(サニー・キング)という開発者集団によって作られた仮想通貨です。世界で初めてProof of Stake(PoS)を採用したことや、コインの発行枚数に上限を設けていないことが大きな特徴として挙げられます。
仮想通貨Peercoin(ピアコイン/PPC)の特徴、価格、取引所、将来性は?

そのため、ピアコインとは基本的な技術システムや運用の方法は同じとなっています。分散型ブロックチェーンのシステムを採用して、透明性があるものの、情報の書き換えができない管理体制となっていますので、安心してコインを使えるのがメリットです。

エコエネルギーの推進をするために作られているコイン


仮想通貨は、国際間決済やプラットフォーム提供、契約条件の付与など、それぞれのコインで特徴的な機能や目的を持っています。Energycoinもそのような仮想通貨の一つで、主にエコエネルギーの使用を世界中で推進するためのものとして作られています。

再生可能エネルギーとは、太陽光発電や風力発電などで、石油に代わるエネルギー提供方法のことを指します。こうした再生可能エネルギーは地球環境へのダメージが少ないため、環境保護のためにはこのタイプのエネルギーへの転換が非常に重要な役割を果たします。

その点、このEnergycoinは、エコエネルギーを使用するためのアプリケーションプラットフォームを構築するためにしようできるという大きな特徴を持っています。また、様々なエコ関連のサービスを提供する際の決済手段として使うこともできますので、総合的にエコ推進をすることができるというのが魅力です。

基本的なシステムもエコを考えたもの


仮想通貨のマイニングでは大量の電力を消費することが多いので、エコという観点からはあまりふさわしくありません。

そこで、Energycoinのシステムではアドオンレイヤーを不要としていて、よりシンプルでスピーディーな処理ができるようになっています。その分、電力消費量も減りますので、他のコインよりもエコ性能に優れていると言えるでしょう。

Energycoinはエコ推進の鍵となるか?


取引直後は値動きがほとんどありませんでしたが、仮想通貨の盛り上がりと共に価格も急上昇し、取引直後と比較しても数千倍にまで上昇した時期がありました。現在の値動きは落ち着きを見せています。
エネルギー転換のための取引に使えるような仮想通貨を目指すEnergycoin。エコ推進の動きが活発となっている昨今、Energycoinの導入が今後増えていくかどうかが鍵となります。今後の動向に期待です。