Digital Money Bitsはどこに向かって進化していくのか?




Digital Bitsとは?

Digital Money BitsはBitcoinからフォークした派生コインの1つです。商取引を目的とし、スピーディな取引や取引手数料の安さが特徴です。

Digital Money Bitsの3つの特徴
  • →Novacoinの進化の流れをくんでいる
  • Digital Money Bitsは手数料削減とトランザクション高速化が目標
  • Digital Money Bitsは、今後実装される技術が普及の鍵

果たしてDigital Money Bitsは将来どんな通貨となることを目指しているのか?調べてみました。

進化の先にあるものがDigital Money Bitsなのか?

仮想通貨の元祖であるBitcoinは、運用していくうちにブロックチェーンが持つ様々な問題点が浮上してきました。そのため、その問題点を改善・解消するためと称して、現在に至るまでに様々な仮想通貨が誕生してきました。

Bitcoinの問題点の一つは承認アルゴリズムであるPoWのエネルギー効率の悪さです。PoWによるマイニングでは、必要な電力やマシンパワーなどが膨大になってきました。

この問題を解決しようとして開発されたのがPeercoinです。Peercoinは承認アルゴリズムにPoWだけでなく、PoSを初めて導入したコインでした。PoSは、一定量の通貨を一定期間所持するだけでマイニングが行えるといういうものです。

PoSを採用するPeercoin

2018.08.21

さらに、このPoWとPoSのハイブリッドという方式に、よりセキュリティ性能が高いScryptというハッシュ関数を取り入れたのがです。

Novacoinとは?
Novacoinは、Peercoinから派生した2番目のPoW/PoSハイブリッド型暗号通貨であり、ハッシュアルゴリズムとしてLitecoinと同じScryptを採用しました。
(中略)
いくつかの細かい違いはありますが、Peercoinとの最大の違いは、ハッシュ関数にScryptを採用したため容易にPoWブロックの採掘が可能となった点です。このため、多くの人気のあるScrypt,PoW/PoS型暗号通貨の基礎になりました。
Novacoin / ノヴァコイン – アルトコイン | Bitcoin日本語情報サイト

この、Bitcoin→Peercoin→Novacoinという進化の流れをくんでいるのが、Digital Money Bitsのようなのです。

Digital Money Bitsの目的は?

Digital Money Bitsは2017年5月にローンチされた、比較的新しい通貨です。現在のところ、Peercoinから受け継いだPoW/PoSのハイブリッドであるという点、Novacoinから受け継いだハッシュ関数Scrypt意外には、めぼしい技術は搭載していません。

しかし、支払い手数料の削減と、トランザクションの劇的な高速化を謳い、それによって商取引をサポートすると宣言しています。

さらに、ロードマップには商人向けのエアドロップを予定しているなど、どうやら商取引をサポートするための仮想通貨を目指しているようです。

今後、どのような技術を実装するかによって、市場での存在感を増していく可能性も秘めています。注目すべき通貨だと言えるでしょう。

Digital Money Bitsの価格推移

Digital Money Bits (DMB) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引直後は大きく値を上げました。しかし1ヶ月もしないうちに暴落し、低価格のまま推移を続けました。2018年初頭頃の仮想通貨全体の盛り上がりで多少の値上がりはありましたが、取引直後とはほど遠い低い価格帯です。その後も価格は低価格帯を保ったまま現在に至ります。

Digital Money Bitsの主な取引所