WhiteCoinは匿名性・プライバシー性が高いアルトコイン




WhiteCoinとは?

WhiteCoinはイーサリアム世代の仮想通貨で、ビットコインの改善点に着目したプロジェクトで開発されています。特にサイバー攻撃対策とリスクの少ない取引環境、多彩なコミュニケーションステージに重点を置いて造られました。市場へのリリースは2014年4月、トークン名はXWCです。

WhiteCoinの特徴について

・PoSによる取引承認システムと3億枚の発行量
・WhiteOSによる取引操作で匿名性・プライバシー性をアップ
・オープンソースのソフトウェアで取引の正当性が高い

PoSによる取引承認システムと3億枚の発行量

WhiteCoinはイーサリアムと同様に分散型ブロックチェーンによる省エネ運営と、ユーザーノードによる取引承認システムPoSを採用したアルトコインです。このPoS承認システムはビットコインのPoW・マイニング式と違い、演算処理のためのタイムラグが少なく、しかも特定のハイスペックコンピュータが報酬を独占する可能性を排除する公平な取引環境を提供しています。分かりやすく言うと、ユーザーが利用している端末機が全て承認作業を分担して行うので公的な信頼性を持つと同時に、コミュニティの成長に比例して利便性が高まるメリットがあります

また発行上限数が3億枚と大量で、希少性による流通不良の心配がありません。ただし、インフレ傾向を持つというデメリットは残ります。

WhiteOSによる取引操作で匿名性・プライバシー性をアップ

WhiteOSはUSBドライブでも利用できるオペレーティングシステムで、取引上で匿名性を高めたトランザクションやウォレット管理が可能になります。つまり個人を特定するアドレスが追跡されないシステムなのです。

また分散型でブロックの同期化がスピーディなことから、取引完了のタイムラグが数秒程度まで圧縮されています。ちなみにビットコインは10分かですから、いかに迅速な取引が可能かが分かるでしょう。

オープンソースのソフトウェアで取引の正当性が高い

WhiteCoinではオープンソースのソフトウェアやウォレットを採用しています。それによってブロック内の検証作業は公正に行われます。しかも透明性のあ高い台帳を搭載していて、ユーザー全員がコインの利用履歴を共有できるメリットがあります。これによって不正コイン・不正取引の有無が公的に公開され、流通の安全性を担保します。

WhiteCoinを扱っている取引所について

WhiteCoin (XWC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap
2018年現在で、WhiteCoinを扱う国内取引上がありません。購入希望の方は海外の取引所を利用します。主な取引上はBittrexやStocks exchangeです。