カルバン・アイヤー氏はBitcoinSVの独立を指示




 

Bitcoinに関するニュースはたくさんありますが、2018年末に過熱したニュースと言えばBitcoinのハードフォークではないでしょうか。Bitcoinのハードフォークは初めてではないのですが、今回行われたハードフォークについてはいくつかの問題が発生したことで話題になりました。その主役ともいえるのがBitcoinCashSVの大物支援者であるカルバン・アイヤー氏です。

・カルバン・アイヤー氏はBitcoinCashSVからBitcoinCashの名前を放棄すると宣言
・カルバン・アイヤー氏はBitcoinCashABCがサトシ・ナカモトのビジョンを捨てたと批判
・BitcoinSVはBitcoinCashから完全に独立

カルバン・アイヤー氏はBitcoinCashSVからBitcoinCashの名前を放棄すると発表

カルバン・アイヤー氏はBitcoinCashSVの大物支援者として大きな影響力を行使してきました。しかしBitcoinのハードフォークによってBitcoinのみならず多くの仮想通貨の価格が下落すると、BitcoinCashSVとBitcoinCashABCとの対立が激化していきました。その結果、カルバン・アイヤー氏はBitcoinCashSVからBitcoinCashの名前を放棄し、独自の仮想通貨として歩んでいくことを発表したのです。

カルバン・アイヤー氏はBitcoinCashABCがサトシ・ナカモトのビジョンを捨てたと批判

カルバン・アイヤー氏の主な主張はBitcoinCashABCがBitcoinの開発者とされるサトシ・ナカモト氏のビジョンを受け継いでおらず、むしろ軽視しているという点です。カルバン・アイヤー氏はBitcoinSVがもっともサトシ・ナカモト氏の思想に基づいており、BitcoinCashABCと完全に袂を分かつことが最善の選択であると結論付けました。カルバン・アイヤー氏に言わせれば、すでにBitcoinCashABCは仮想通貨開発の実験と化しているとのことです。

BitcoinSVはBitcoinCashABCから完全に独立

Bitcoinのハードフォークから始まったハッシュ戦争ですが、BitcoinSVがBitcoinCashABCから完全に独立することで決着がつきました。ただしBitcoinSVの将来が安泰というわけではありません。BitcoinCashABCはハッシュレートでBitcoinSVをはるかに上回っており、名実ともにBitcoinCashという看板を背負うことになりました。