EtherDeltaの創設者Zachary Coburn氏が逮捕・起訴される




 

仮想通貨は今や世界でもっとも人気の投資対象になりつつあります。そのため各国が規制を強めており、中には逮捕・起訴される人も出てきています。仮想通貨の成長と各国の規制とのバランスがまだとれていないのが現状です。国の規制によって逮捕・起訴された人物の一人がZachary Coburn氏です。

・Zachary Coburn氏は分散型取引所EtherDeltaの創設者
・米国証券取引委員会(SEC)が分散型取引所に規制を広げた
・Zachary Coburn氏は容疑を否認するものの罰金を支払う

Zachary Coburn氏は分散型取引所EtherDeltaの創設者

Zachary Coburn氏は古くから存在する分散型取引所EtherDeltaの創設者として仮想通貨界では有名な存在です。EtherDeltaは一般的な仮想通貨取引所とは異なり、管理者がおらずブロックチェーン上に取引の記録を残すことで透明性が高く、しかも不正の少ない仮想通貨取引が行えるというものです。BitcoinやEtheriumといったメジャーな仮想通貨だけでなく、非常にマイナーな仮想通貨を取引できるというメリットがあり、世界でも人気を集めていました。

米国証券取引委員会(SEC)が分散型取引所に規制を広げた

今回のZachary Coburn氏の逮捕が衝撃的だったのは、これまで規制されてこなかった分散型取引所が規制の対象になったことでした。米国証券取引委員会(SEC)は連邦証券法の下で有価証券として扱われるERC20トークンの取引をEtherDeltaが行ったことを問題視しZachary Coburn氏の逮捕に至りました。未登録取引所を米国証券取引委員会(SEC)が取り締まった初の事例としても注目を集めています。

Zachary Coburn氏は容疑を否認するものの罰金を支払う

逮捕・起訴されたZachary Coburn氏は未登録の取引所を運営したという容疑を否認していましたが、最終的に罰金を支払ったことが米国証券取引委員会(SEC)の公式発表で明らかになりました。不正利得の返還として30万ドル、利息として1万3千ドル、そして罰金7万5千ドルの合計38万8千ドル、日本円にして約4,400万円という多額の罰金です。これはあくまでZachary Coburn氏が米国証券取引委員会(SEC)の調査に協力的であったためにこの程度の罰金に収まったとされており、もし今後同様のケースが生じた場合にはさらに巨額の罰金が科せられる可能性もあります。