総資産1000億円超と言われるCoinbaseのCEOブライアン・アームストロング氏




 

ブライアン・アームストロング氏は、アメリカの仮想通貨取引所「Coinbase」のCEOを務める人物です。

ブライアン・アームストロング氏について

・総資産1000億円超の億万長者
・旅行先で仮想通貨の必要性を感じる
・2012年Coinbase設立

総資産1000億円超の億万長者

アームストロング氏がCEOを務めるCoinbaseは、アメリカ・カリフォルニア州に本拠を構える世界最大手の仮想通貨取引所です。1250億円以上の企業価値を持ち、ユーザー数は1300万人を超えます。ニューヨーク証券取引所から出資を受けており、日本からも三菱東京UFJ銀行などが出資を行う世界の大手企業が注目する取引所です。なお、現在は取引所の運営に関しては、Coinbaseの子会社GDAXにまかせています。2017年のフォーブス誌の特集によると、アームストロング氏の資産は9億から10億ドル、日本円では1000億円を超えるとの推定です。しかし、この数字対して、アームストロング氏は不正確であるとCoinbaseの広報を通じて答えました。それ以外、自身の資産について一切ノーコメントを貫いています。

旅行先で仮想通貨の必要性を感じる

今でこそ仮想通貨で億万長者になったアームストロング氏ですが、少し前までは自分が仮想通貨取引所を運営することになろうとは思いもしなかったそうです。テキサス州のライス大学で経済学とコンピュータサイエンスを学び、卒業後はDeloitte&Toucheのリスクマネジャーやコンサルタントとして活躍します。その後、民泊を世界に広めたAirbnbに就職し、同社でエンジニアとして勤務していました。それが、2010年のクリスマスに、ビットコインの生みの親であるSatoshi Nakamotoの論文に触れ、仮想通貨やブロックチェーンの可能性に非常に興奮したそうです。まだその時点で、アームストロング氏は自分が取引所を設立するとは考えていなかったようですが、その後旅行先のメキシコでインフレの状況を目の当たりにし、国家の管理の及ばない通貨の必要性を感じます。それが仮想通貨を専門的知識なしでやり取りできる取引所という仕組みを考えるようになったきっかけです。

2012年Coinbase設立

その後、スタートアップ企業への投資を行うYコンビネーター社のスタートアップ・インキュベータ・プログラムに参加し、自身のアイデアを披露したところ、日本円で1600万円もの投資を受けます。そのことに自信を得たアームストロング氏は、2012年にFred Ehrsam氏とともにCoinbaseを立ち上げました。