ニューヨーク大学スターン・スクール・オブ・ビジネスが仮想通貨専攻学科を開設する意味




ビットコインの台頭により、仮想通貨への認識が高まっています。そのような中、アメリカでは仮想通貨に対する知識を得るための講座を開設する動きが高まっています。もともと仮想通貨事態が認識されるようになったのは1,2年の間ですから、アメリカの大学も仮想通貨バブルに踊らされたと考える人が多いのも否めません。だからといって仮想通貨の可能性がないわけではなく、むしろブロックチェーン技術がもたらす次世代の社会に注目する専門家が増えているのも事実です。そのような中、ニューヨーク大学はブロックチェーンについて学べる専攻科目を開設しました。

画期的な専攻科目

ニューヨーク大学の声明によると、ニューヨーク大学スターン・スクール・オブ・ビジネスを通じて、今回の仮想通貨専攻学科を提供することを決定しました。もともとニューヨーク大学では仮想通貨に対する知識を深めるためのサークルを開設していましたが、専攻科目として採用することで、ブロックチェーン技術を応用できる人材の育成に力を入れることになりました。背景には仮想通貨に対する知識が浅く、投機目的で仮想通貨に関心を持つ人が増加していることが関係しています。

専攻科目の目的

スターン・スクール・オブ・ビジネスが提供する専攻学科の目的は、ブロックチェーンに関する知識に加えて、法整備が追い付いていない現状を鑑み、法律を遵守しつつ仮想通貨をどのようにビジネスで生かせるかを学ぶことが関係しています。これは仮想通貨を理解し、運用できる人材の育成に加え、企業内で今後仮想通貨をどのように活用していくかについて、新たに要請された人材を送り込むことで、将来の発展に寄与するものとなりうることも意味します。

大学が力を入れる意味

世界中のハイレベルな大学の多くは、仮想通貨に関する専攻科目を設定し、生徒を募っています。これはやがて仮想通貨が現在の通貨にとって代わる時代が訪れる可能性が有ることを示唆しています。世界中の優秀なブレーンが仮想通貨に関する知識を得るだけでなく、仮想通貨を活用するためのロジックを学ぶことで、今後仮想通貨はますます地位を得るようになることでしょう。

興味深い事例

仮想通貨に関連する学科を専攻する生徒の中には、学費のローンを活用して仮想通貨に投資しているようです。仮想通貨に積極的に投資することで、実際の投資に関するノウハウを学び、社会に生かすことができるようになるからです。もともとアメリカでは大学生が投資を行うというのは日常的にみられることでしたから、今後仮想通貨へシフトする動きが加速することでしょう。