フィナンシア・ビジネススクール経営大学院の特徴とは




 

フィナンシア・ビジネススクール経営大学院について

フィナンシア・ビジネススクール経営大学院は2014年にフランスのパリで設立された教育機関です。MBAやフィンテックに口座を持ち、学生に対して金融やビジネス関連の授業を行っています。卒業生は世界で第8位の国際銀行グループなどの有名企業に就職している実績があります。そんなフィナンシア・ビジネススクール経営大学院には3つの特徴があります。

・授業料の支払いがビットコインで出来る
・フランスのCoin Capitalと協業している
・ブロックチェーン技術の授業も行っている

授業料の支払いがビットコインで出来る

フィナンシア・ビジネススクール経営大学院の最大の特徴とも言えるのが、授業料の支払い方法です。このフィナンシア・ビジネススクール経営大学院では、従来の法定通貨による支払いだけでなく、なんとビットコインによる授業料の支払いを受け入れているのです。フィナンシア・ビジネススクール経営大学院がビットコインによる支払いを受け入れた背景は手数料にあります。

このフィナンシア・ビジネススクール経営大学院には国外からの留学生もいるのですが、そのような留学生の場合国外からフランスへ法定通貨を送金すると大きな手数料が発生してしまいます。その高額な手数料を大きな問題として、解決するためにこのビットコインによる支払いを受け入れ始めたのです。

フランスのCoin Capitalと協業している

フィナンシア・ビジネススクール経営大学院はビットコインの支払いを受け入れるためにフランス国内のテック企業のCoin Capitalと協業しました。この協業が実現したことによって、ビットコインによる支払いを受け入れる体制が整ったのです。また受け入れる体制が整っただけでなく、2018年度の学生の内5人は既にビットコインによる支払いを行っています。

ブロックチェーン技術の授業も行っている

フィナンシア・ビジネススクール経営大学院では既に解説したように生徒に対して金融やビジネスに関連する授業を行っています。しかし、それだけでなく最先端の技術でもあるブロックチェーン技術について学ぶことが出来る授業も行っているのです。

過去に行われた調査ではブロックチェーン関連の求人の数が1年間の間に約3倍と急増している背景を考えると、フィナンシア・ビジネススクール経営大学院は数あるビジネススクールの中でも先を行く教育機関だと言えます。