BelaCoinはライトコインベースの社会的実用度の高いアルトコイン




BelaCoin(ベラコイン)は2014年3月に市場へとリリースされた第二世代のアルトコインで、すでに2種類のアプリケーションを開発しています。Belaの開発コンセプトはシンプルなユーザーインターフェイスの確率で、今もプラットフォームなどの改善が進められている進化形の仮想通貨です。

BelaCoinの特徴について

・PoWベースのコンセンサスアルゴリズムを採用
・セグウィット・ライトニングネットワークなどライトコインのコードを利用
・既に2つのアプリが開発されています

PoWベースのコンセンサスアルゴリズムを採用

BelaCoinではビットコイン式のPoWで取引承認を行っています。つまりASICのモンスターマシンをアルゴリズム解読の演算作業に利用する、マイニング競争を主体とするシステムです。

このシステムは51%アタックに代表される中央集権のリスクがある反面、暗号解読の難解度が加速するため、取引保護の精度が高まる特徴があります。またマイニング報酬による発行数の増加は流動性を高めます。

セグウィット・ライトニングネットワークなどライトコインのコードを利用

BelaCoinのソースコードは殆どライトコインから導入されています。

オープンソースのプラットフォームで、後づけの機能も効率よく活用されますし、セグウィットによるトランザクションの浄化も取引速度を高めます。ちなみにBelaCoinはビットコインの4倍以上、わずか2分間で取引承認を行う事が可能になります。

またライトニングネットワークにはスマートコントラクトの機能があり、自動で取引成立のメリットがあります。今後の決済シーンで有望視されているシステムです。

既に2つのアプリが開発されています

Bella Chessという対戦型ゲームと有料インスタグラム・Belacamというアプリがアップされています。特にBelacamは市場規模の大きなアプリですので、その行方は業界でも注目されています。

BelaCoinの期待値について

Bela (BELA) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

BelaCoinには通貨としての働きを超えた、新たなコミュニティを提供する装置としての可能性があります。

セグウィットやライトニングネットワークの導入で実用的なアプリケーションのアップが試みられていて、今後も社会性の高いツールへと進化していくと期待されています

そこでBelaCoinの購入を希望する方は、国内で取扱がないので海外取引所を利用してください。PoloniexやNovaexchangeでの取引があります