NY大学の教授Nouriel Roubin(ヌリエル・ルビーニ)氏がもたらす功罪




 

この記事のポイント

・リーマンショックを予言したことで知られる
・仮想通貨バブルへの警笛を鳴らす
・ルビーニ教授の言論がもたらすもの

仮想通貨界の権威

Nouriel Roubin(ヌリエル・ルビーニ)氏はNY大学の教授で仮想通貨の権威としても知られています。ルビーニ教授はリーマンショックを予言したことでも知られていて、仮想通貨への提言が市場に大きな影響を与えることも少なくありません。

ルビーニ教授の動きは仮想通貨投資家のマインドにマイナスの影響を及ぼしていて、仮想通貨の将来に悲観的になっている投資家も少なくありません。

仮想通貨への警笛

最近ではイーサリアムの創設者に対するTwitter攻撃を行い、創設者グループが富を独占し、分配していないことが仮想通貨バブルの崩壊につながったという批判を繰り返しています。

ところで、ルビーニ教授はかねてから仮想通貨バブルに警笛を鳴らし続けてきました。異常なまでのビットコインの高騰劇に対して、これは歴史上もっとも大きなバブルと揶揄するほど、仮想通貨への攻撃姿勢を崩してはいません。果たしてルビーニ教授の提言は本当なのでしょうか。

ジャーナリストたちの反論

この点に関し、仮想通貨界のジャーナリストたちは一斉にルビーニ教授への批判を始めています。仮想通貨はまだ始まったばかりであり、将来性は十分見込めるというのが彼らの意見です。もちろんルビーニ教授も黙ってはおらず、仮想通貨は今後永続することはないという批判姿勢をさらに強力なものにしています。

ルビーニ教授の功罪とは

果たしてルビーニ教授の声明が、仮想通貨先進国であるアメリカ経済にどの程度の影響を及ぼすかは未知数ですが、投資家たちはかたずをのんで、ルビーニ教授の出方を見守っています。

興味深いことに、ルビーニ教授は大学で仮想通貨に関する講座の教鞭も握っているため、仮想通貨への投資に抵抗を感じない若年層に対しても一定の影響が出始めています。

仮想通貨バブルに冷や水

もちろんルビーニ教授の声明がすべて信頼できるわけではなく、今後どのような値動きを見せるかは不透明な状態です。しかしながら、ルビーニ教授の言葉が仮想通貨バブルにとって一定のブレーキ役を果たすなら、市場はより安定し、投機的な動きは制限されることでしょう。

ルビーニ教授の影響が関係しているかは分かりませんが、仮想通貨バブルが崩壊の兆しを見せ、ビットコインを中心に大暴落の様相を呈しています。