さまざまなキャンペーンを展開する仮想通貨取引所「Liquid by Quoine」




 

「Liquid by Quoine」とは、日本国内だけでなくアジアで最大級の規模を誇る仮想通貨取引所です。独自トークンの「QASHトークン」を発行し、さまざまなキャンペーンを展開して常に多くの話題を提供しています。

・2014年に運営開始の老舗仮想通貨取引所
・独自トークン「QASHトークン」を発行
・QASHトークンの保有を促すキャンペーンを展開

2014年に運営開始の老舗仮想通貨取引所

Liquid by Quoineは、最初、「QUOINE」という名前で2014年に運営を開始しました。2017年9月に金融庁に仮想通貨交換事業者として登録され、2018年9月に取引所の名前を現在のLiquid by Quoineに変更しています。まだ仮想通貨に関する法律が整備される前から運営している老舗で、ユーザーからも信頼を寄せられている取引所です。Liquid by Quoineは、仮想通貨のスプレッド(買値と売値の差)が国内の取引所では最小水準で、レバレッジ取引の手数料が実質無料などユーザーにとって多くのメリットがあります。

独自トークン「QASHトークン」を発行

Liquid by Quoinは、金融庁公認のICOで資金調達を行い、独自トークンである「QASHトークン」を発行しています。このトークンには、バイナンスなどの独自トークンである「BNBトークン」と似たような機能が付与される予定です。その機能には、取引所に新たに上場する通貨を決める際の投票権になることや、Liquid by Quoineで取引を行う際に手数料が割引されることなどがあります。ユーザーに、「Liquid by Quoineを利用するならQASHトークンを買った方が得」との認識が生まれており、今後の価格上昇が期待できる存在です。なお、QASHトークン自体はEthereumがベースのトークンで、Etherトークンに対応するウォレットで管理できるようになっています。

QASHトークンの保有を促すキャンペーンを展開

そんなLiquid by Quoineが、「QASH HODLキャンペーン」と銘打って、最大5万円分のXRPが当たるキャンペーンの実施を発表しました。同社の公式メールによると、その内容は、Liquid by Quoineに口座を持ち、2019年2月1日午前9時時点で800QASH以上のQASH残高がある人を対象に、保有量や保有期間に応じてXRPを配布するというものです。今回のキャンペーンは第1弾ということなので、今後、第2弾、第3弾とキャンペーンを展開し、ユーザーにQASHの長期保有を促していくと予想されます。