TravelbyBit旅行会社とは?基本情報をまとめて解説




 

TravelbyBitという旅行会社の概要

TravelbyBitとは従来の旅行会社に暗号通貨の技術を組み合わせた新しい企業のことです。このTravelbyBitはオーストラリアのクイーンズランドを拠点としています。またTravelbyBitはこの独自の組み合わせにより、世界中の人々が暗号通貨を使って観光出来ることを目的として現在活動をしています。

TravelbyBitの特徴

・旅行と暗号通貨の組み合わせ
・オーストラリア政府から投資を受けている
・国際空港で世界初の決済サービスとして導入された

旅行と暗号通貨の組み合わせ

TravelbyBitの最大の特徴は、既に触れた通り旅行と暗号通貨を組み合わせていることにあります。具体的には旅行の予約サイトや暗号通貨による決済のサービスを提供しています。しかも、TravelbyBitでは法定通貨に代わり暗号通貨による決済にのみに対応していますので、TravelbyBitはまさに暗号通貨で旅行をすることに特化していると言えるのです。

オーストラリア政府から投資を受けている

暗号通貨を軸にした企業は数多くあります。しかし、TravelbyBitはその中でも数少ない政府からの支援を受けている企業なのです。具体的にはTravelbyBitの本社があるオーストラリアのクイーンズランド州から10万オーストラリア・ドルの助成金を受けています。

さらにTravelbyBitは世界を代表するあのBinanceという仮想通貨取引所からなんと350万ドルもの出資を受けています。これだけ信頼のおける組織からの大きな投資を受けている企業は少ないので、これもTravelbyBitの1つの大きな特徴だと言えるのです。

国際空港で世界初の決済サービスとして導入された

TravelbyBitは実際にサービスとして観光業界で導入されていることにも特徴があります。具体的には2018年の1月にオーストラリアのブリスベン国際空港がターミナル内にある飲食店などの店舗でビットコインなどを始めとする暗号通貨の決済が出来るようにTravelbyBitのシステムを採用しているのです。

しかも、このTravelbyBitのような暗号通貨による決済サービスを国際空港が取り入れたのはこれが初の事例なのです。このように実際に利用できるサービスとして実績があるというのもTravelbyBitの1つの大きな特徴だと言えます。