BitTokensとは?価格や特徴などについて解説




BitTokensとは?

BitTokensは世界で最も有名な仮想通貨でもあるBitokoinが改良されて作られた通貨の1つです。

取引自体は2016年の7月に始まっているので、現在流通している仮想通貨の中では比較的歴史がある通貨でもあります。

BitTokensの価格は取引が始まった時、約0.5$でしたが、一時的にはその20倍近くにもなる約10$まで価格が上昇しました。2018年現在ではその価格は大きく落ち込み、2.3ドルという価格に落ち着いています。

BitTokensの持つ3つの特徴

・Bitcoinの問題点を解決している
・BitNodeによってネットワークが安定している
・セキュリティレベルが高い

Bitcoinの問題点を解決している

BitTokensの最大の特徴とも言えるのが、このBitcoinの問題を解決しているということです。

Bitcoinは仮想通貨の中では非常に認知度の高い通貨になりますが、利用者があまりにも増えすぎてしまったことでスケーラビリティ、つまり拡張性に関しての問題が起きました。

具体的には送金速度などが遅いという問題が挙げられます。しかし、BitTokensはこのスケーラビリティの問題を改善しているため、送金速度などのあらゆる問題を解決することができている仮想通貨になっているのです。

BitNodeによってネットワークが安定している

BitTokensはスケーラビリティなどのBitcoinが持つ問題点を改善しているだけでなく、そのネットワークが非常に安定していることも特徴として挙げられます。

なぜネットワークが安定しているのかというと、BitTokensはBitNodeという特殊な機能を持っているからなのです。

BitNodeとはBitTokensを保有している人の中でネットワークを安定させる効果のあるノードを設定する場合にインセンティブを与えるという機能のことで、このような機能があるため、BitTokensのネットワークは安定した状態を維持出来るようになるのです。

セキュリティレベルが高い

BitTokensは高いセキュリティレベルを実現できるとされる暗号化の方法を採用しており、通貨を保有している人がそれぞれに通貨の管理などが出来るようになっています。

そのためBitcoinなどの他の仮想通貨と比べても比較的セキュリティレベルが高い状態を維持することが可能となっているのです。