Amazon.ComのManaged Blockchainでオンライン書店もスペックアップ!




Amazon.Comの Managed Blockchainとは

2018年11月にAmazon.comにブロックチェーンをベースとした「Managed Blockchain 」が搭載されました。このプラットフォームは、Amazonのオンライン書店などのアプリ運営を簡略化させるハイスペックをもち、フルマネージドによって一般的なオープンソースであるハイパーレッジャーファブリックやイーサリアムを媒体に巨大なブロックチェーンネットワークを構築することができます。

Amazon Managed Blockchainの特徴

・わずかなクリック数でブロックチェーンネットワークがセットアップできる
・フルマネージド型プラットフォーム
・Managed Blockchainの利用上のメリット

わずかなクリック数でブロックチェーンネットワークがセットアップできる

Amazon Managed Blockchain では簡単なクリック操作だけでセットアップし管理できるメリットがあります。ネットワーク構築のための複雑なオーバーヘッドがなく、数千ものアプリに自動で適応していきます。また元帳データベースにブロックチェーンネットワークアクティビティを簡単にコピーもでき、ネットワーク外のアクティビティを分析しつつ、トレンドチェックも行える機能が付いています。

フルマネージド型プラットフォーム

Amazon Managed Blockchainは複数のブロックチェーンネットワークを簡単に作成することができますが、それは中央機関が不要だということです。グループ内でトランザクションを行い、データ共有させるのです。また継続的な監視体制でアプリのニーズ変化に迅速に対応します。

Managed Blockchainの利用上のメリット

まず貿易や資産移動にメリットがあります。グローバルな輸入・輸出業者や銀行や運送会社などをスムーズに連携させ、中央機関の搾取なしで公正な取引が寸時に完了するシステムが構築できます。また小売業と銀行とサードパーティが提携して、小売業者間での報酬取引が速やかに行えます。また売買される商品の素性がブロックチェーン上に記録されることから、高価な宝石やブランド品や知的財産などは出所が担保されるメリットがあります。これはAmazonのオンライン書店においても有効です。このように参加メンバーすべてが分散型台帳のデータを共有しますので安全な取引が確保されます。

まとめ

ネット販売の最大手Amazonにとって、このManaged Blockchainの導入はビジネスモデルを大きく改善するツールになります。