Yacoinの特徴とは




Yacoinとは?

仮想通貨は今や多くの人が興味を持つ投資方法となりました。そのためビットコインやイーサリアム、リップルといった仮想通貨の価格は高騰し、億万長者になった人も少なくありません。その一方でその他の仮想通貨も多く開発されるようになりました。中には1単位あたり1円にも満たないような草コインと呼ばれる仮想通貨もあります。ではその中の一つであるYacoinについて見ていきましょう。

Yacoinの3つの特徴
  • Yacoinは2013年に開発された
  • Scrypt-N系によるマイニングを採用
  • Binanceで購入可能

Yacoinは2013年に開発された

Yacoinは2013年に開発された仮想通貨です。2013年の後半に大量の仮想通貨が開発された時よりも以前にすでに開発されていたものでした。その後価格の上昇が期待されましたが、急騰することなく現在に至っています。取引ごとに0.01YACの固定取引手数料が必要になりますが、今後このシステムも改善されることが期待されています。

Scrypt-N系によるマイニングを採用

仮想通貨においてマイニングは投資家の興味の対象となります。仮想通貨の中には価格の高いものも多いですが、マイニングをすれば無料で仮想通貨を手に入れることができるかもしれません。

そのため世界中でビットコインなどのマイニングが行われています。ただしビットコインのマイニングでは大企業や電力が安い発展途上国にある企業が有利になっていますが、YacoinにおいてはScrypt-N系によるマイニングが行われているため、個人でも比較的マイニングがしやすくなっています。今後Yacoinの購入を検討しているという方は、マイニングにも注意を払ってみると良いでしょう。

scryptについてもっと詳しく
scryptは、その計算に利用するメモリ領域が非常に大きく、またランダムアクセスを行う必要もあることから GPU や専用ハードウェアで効率化を図ることは難しいとされていました。 しかしながら、オープンソースの電子マネープロジェクト「」をフォークして作られた「」と呼ばれるオープンソースプロジェクトで scrypt が採用されて以来、 様々な人が様々な最適化を行った結果、ハイエンド GPU を用いることでハイエンド CPU と比べて 10 倍程度の速度で計算が実行できるようになってしまいました。 また、現在 (2014年ごろより) では の scrypt 計算に特化した専用ハードウェアが製作されており、GPU で計算を行うよりもさらに何十倍もの電力効率で計算が行えてしまいます。
scryptがGPUに破られる時 – びりあるの研究ノート

YoBitで購入可能

Yacoinのような草コインは安くて将来高騰すれば大きな利益が得られるというメリットがある一方で、買いにくいといデメリットがあります。日本国内にある仮想通貨取引所ではビットコインやイーサリアムといったメジャーな仮想通貨、リップルやライトコインといった将来性のあるアルトコインが取り扱われています。

一方で草コインは国内の仮想通貨取引所で取り扱われていないことがほとんどです。Yacoinも同様で、国内で購入することはできません。YoBitでの購入がもっともよいとされているので、これからYacoinの購入を考えている方は、YoBitにウォレットを作っておくことをお勧めします。

Yacoinの価格推移

Yacoin (YAC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2013年と、かなり歴史のある仮想通貨といっても過言ではありません。イーサリアムは2014年の取引開始ですから、その歴史の長さが垣間見れます。リリースから約1年後には価格が高騰し最高値をつけていますが、その後、値動きはほぼない点が気になります。2017年から2018年にかけては、仮想通貨全体の盛り上がり期で、多くの仮想通貨が最高値を更新するなど価格が高騰する傾向にありますが、Yacoinの場合はほとんど値動きがありません。

YoBitの主な取引所