2019年4月から新サービスがスタートする仮想通貨取引所「みんなのBitcoin」




 

「みんなのBitcoin」は、2016年12月に「みんなのFX」で知られるトレイダーズホールディングス株式会社が設立した仮想通貨取引所です。2018年8月に楽天グループに買収され、現在は楽天ウォレット株式会社が運営しています。2018年3月31日をもって現サービスを終了し、4月1日から新サービスが開始される予定です。

「みんなのBitcoin」について

・2018年に楽天グループによって買収された仮想通貨取引所
・制限されていた取引が再開される
・2019年4月から新サービスがスタート

2018年に楽天グループによって買収された仮想通貨取引所

「みんなのBitcoin」は、楽天が買収するまでは「みんなのビットコイン株式会社」によって運営されていました。この「みんなのビットコイン株式会社」とは、「みんなのFX」でも知られるオンライン証券のトレイダーズホールディングスの完全子会社です。FX取引で実績を上げてきただけあって、「みんなのBitcoin」でもレバレッジ取引や外貨建て取引などFXの強みを生かしたサービスが魅力でした。しかし、2018年8月、楽天グループの楽天カード株式会社によって買収されています。

制限されていた取引が再開される

「みんなのBitcoin」では、2018年7月より電子帳票システムの不具合によって、現物取引の仮想通貨と円貨、仮想通貨と外貨、仮想通貨間の交換が制限されていました。しかし、2019年1月11日に不具合の修正が完了したことが発表され、同月22日には取引制限の解除が行われるとともに上記の取引を再開しています。

2019年4月から新サービスがスタート

2019年3月、「みんなのBitcoin」の運営会社の商号が、「楽天カード株式会社」から「楽天ウォレット株式会社」へと変更されました。この変更は、楽天グループの連携強化と事業拡大などが理由とされています。また、2019年3月いっぱいで現在のサービスをすべて終了し、4月1日からは新しいサービスが始まることも発表されました。それに伴い、同社は楽天ペイメント株式会社の子会社となって、楽天グループの決済関連の事業を楽天Edyとともに担うことになります。なお、「みんなのBitcoin」はこれまでみなし業者として運営を続けていましたが、関東財務局の業務改善命令に基づき経営体制を再構築した結果、2018年3月25日付で仮想通貨交換業者としての登録が完了しています。4月からの新サービスの詳細はまだ不明ですが、正式な仮想通貨交換業者となったことで今後のサービスの充実に期待です。