仮想通貨取引所BitfinexがHSBCとの提携を発表




この記事のポイント

・Noble Bank Internationalとのうわさ
・HSBCとの連携
・安定した企業活動もたらす将来

仮想通貨の開発には多額の資金が必要です。しかも仮想通貨バブルの崩壊により、仮想通貨を維持するための資金難に陥っている企業が続出しています。最近話題になったBitfinexの債務超過問題も仮想通貨取引の弱点を浮き彫りにしました。Bitfinexは仮想通貨取引所として一定の地位を築いてきましたが、債務超過のうわさが流れるやその地位が一気に低下しました。なぜ債務超過のうわさが流れたのか、その理由は提携銀行が債務超過になったことに端を発しています。

Noble Bank Internationalの債務超過問題

Noble Bank Internationalはプエルトリコに拠点を置く銀行でBitfinexの主要取引銀行の一つです。なぜ債務超過に陥ったのかというのはうわさの域を出ませんが、一説によれば仮想通貨バブルの崩壊により、多額の損失を出したことが関係しているようです。結局投資家を失ってしまった仮想通貨はただの電子的な暗号にすぎなくなります。この情報を聞いて即座に反応したのがBitfinex本体です。

買収報道への反論

Bitfinexは声明を発表し、主要取引銀行の債務超過についての情報は誤りだという見解を出しました。これにより市場は落ち着くと思われましたが、声明を発表するだけでは真実性が確証されないため、結局取引所の信頼はどんどん低下していく結果を招きました。うわさが広がれば広がるほどダメージは大きくなり、仮想通貨事態の存続も危ぶまれるようになります。この負の連鎖を食い止める原動力になったのがHSBCとの提携発表です。

HSBCとの提携がもたらすもの

HSBCとBitfinexが出した声明により、Bitfinexの債務超過による身売りの情報はあっという間に影をひそめる結果になりました。世界有数の金融機関が救いの手を差し伸べたことが、プラス材料となったため、信頼回復が促進されたのです。Bitfinexといえば、仮想通貨取引所でも長い歴史を誇る取引所の一つですから、安定材料となる今回の提携発表は、Bitfinexの経営安定性を補償するものとなりました。

今後の展開

BitfinexとHSBCとの提携により、仮想通貨取引に関する不安材料が一掃されました。同時にBitfinexの安定性も補償される形になり、失った顧客の取戻しを急いでいます。現在仮想通貨バブルが崩壊し、ビットコインもかつてない値下がりを記録しているため、このようなポジティブなニュースが市場にプラスのインパクトを与えることが期待されています。大手仮想通貨取引所の経営が安定することで、仮想通貨界の安定につながるのです。